「自動ブレーキ」搭載車が続々登場 欧州車にリードされてしまったのはなぜか

印刷

   前方をカメラやレーダーで監視、障害物を検知して自動的にブレーキをかけ衝突を回避したり、被害を軽減させたりする「プリクラッシュブレーキシステム」(自動ブレーキ)を搭載するクルマが続々と登場している。

   「ぶつからないクルマ」がキャッチフレーズの、富士重工業(SUBARU)の「EyeSight (ver.2)」などで、「安全性能」への関心の高まりとともに認知度が上昇している。

国土交通省は2010年まで「自動停止」を認めていなかった

国産ではSUBARUの「EyeSight」が先行した「自動ブレーキ」システム(画像は、富士重工業「アイサイト」のサイト)
国産ではSUBARUの「EyeSight」が先行した「自動ブレーキ」システム(画像は、富士重工業「アイサイト」のサイト)

   国土交通省は、ドライバーが「どうせ自動で止まる」と過信することで事故の被害が悪化することを恐れ、2010年までプリクラッシュブレーキシステムの「自動停止」を国産車に認めていなかった。

   それをドライバーに過信を与えない範囲に限って、衝突回避システムを実用化。当初の衝突回避を支援するシステムから、現在は自動停止するシステムが主流になっている。

   SUBARUの「EyeSight Ver2」は、時速30キロメートル以下であれば障害物との衝突を回避、もしくは被害の軽減が可能なシステムで、2010年5月発売の「レガシィ」に搭載した。

   それをきっかけに、トヨタ自動車がレクサスLSに搭載した「プリクラッシュセーフティシステム」を発売。三菱自動車の新型アウトランダー搭載の「e‐Assist」や、13年にはマツダが新型アテンザに搭載した「i‐ACTIVSENSE」、ホンダのフィットHVの「シティブレーキアクティブシステム」、日産自動車のノートやセレナなどに搭載する「エマージェンシーブレーキ」などが続々と登場した。

   軽自動車では、ダイハツ工業の「スマートアシスト」を搭載したムーヴが12年に初めて発売された。

   「自動ブレーキ」が注目される背景には、開発が進み、低価格化が進んでいることがある。当初は搭載に10万円以上かかったが、最近は3万~5万円程度で搭載できるようになった。

EUでは2013年11月から搭載が義務化

   また、ユーザーの安全性能への意識が高まっていることもある。「自動ブレーキ」は不注意による事故を防ぐとともに、運転者の負荷軽減につながる技術として人気を集めている。

   それが新たな需要の掘り起こしにつながっており、自動車メーカーは安全性能が燃費性能と並ぶ「魅力」になる可能性がある、とみている。

   実際に、いち早く取り組んでいるボルボや、「シティエマージェンシーブレーキ」を搭載するフォルクスワーゲン(VW)などの欧州車は、EUで2013年11月からすべての新型商用車で「自動ブレーキ」の搭載が義務化されていることもあって、この分野では先行している。

   好調な売れ行きをみせる輸入車だが、日本で走る欧州車にも「自動ブレーキ」が一部で搭載されており、安全性能への関心が高い顧客層をとらえているとの見方もある。

自動ブレーキ、「ドライバーが誤解している」

   その一方で、2013年11月に埼玉県深谷市で開かれた「自動ブレーキ」を体験する試乗会で、障害物を検知して自動ブレーキをかけるはずだった乗用車がフェンスに衝突し、2人が重軽傷を負う事故があった。

   どんなシステムも操作ミスをすれば間違いが起こる。ただ、実際に事故が起こったとき、操作ミスだからといって自動車メーカーはそれを「知りません」とは言えない。それもあって、声高に安全性能を強調しにくいことはある。

   現実に、「最近は『自動ブレーキ』という言葉がひとり歩きして、ドライバーが誤解しているようなところがあるようです」と、TIWのアナリスト、高田悟氏は話す。

   高田氏は「開発が進み、いずれは標準搭載されることもあるのでしょうが、まだ時間がかかるでしょう」とみている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中