STAP論文共著者「単純ミスがあった」 疑問点に釈明

印刷

   STAP細胞論文に上がっていた疑問点について、共著者の若山照彦山梨大教授が「単純ミスがあった」と説明したと、新聞各紙が2014年2月19日に報じた。

   論文では、マウス胎盤の写真2枚が酷似していると指摘されていたが、同じマウスで角度が違う写真を2回使ってしまっただけだという。その理由については、一方の削除を忘れてしまったとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中