名古屋駅近くで歩道に車が突っ込み13人けが 30歳男を現行犯逮捕

印刷

   名古屋駅近くにある交差点の歩道に2014年2月23日に乗用車が突っ込み、歩行者13人をはねた事件で、愛知県警は車を運転していた名古屋市西区栄生3、無職の大野木亮太容疑者(30)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。容疑者は「人をはねて殺すつもりでやった」などと供述しているという。

   現場は名古屋市中村区名駅1の「笹島交差点」で、近くには多くの人でにぎわう繁華街がある。各報道によると、車は14時15分ごろ、交差点を左折する際に歩道に乗り上げて約30メートルにわたって走行。信号待ちなどをしていた10~40代の男女計13人を次々とはね、男性1人が腰や足首の骨を折る重傷、12人が軽傷を負った。車はレンタカーで、事件直前に大野木容疑者が現場から350~400メートル離れた営業所で借りたとみられている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中