エド・はるみに「死亡説」浮上 「このままでは済ませません」と怒りの犯人探しをスタート

印刷

   お笑い芸人のエド・はるみさん(49)が自身に浮上した「死亡説」にツイッター上で怒りをあらわにしている。

   出回っているのは、新聞ニュースサイトの訃報記事をもとにしたコラ画像だ。エドさんは2014年2月24日にフォロワーから報告を受けると「徹底追及します。このままでは済ませません」とさっそく犯人探しを始めた。

永井一郎さんの訃報記事を作り変えた偽物画像

「死亡説」で怒りをあらわに(画像はツイッターのスクリーンショット)
「死亡説」で怒りをあらわに(画像はツイッターのスクリーンショット)

   問題の訃報記事画像は「お笑い芸人・エド・はるみさん死去 収録先のホテルで」と題したもので、エドさんは24日にフォロワーから画像の存在を知らされた。すると「これはどこの記事じゃ~!?」と困惑気味にコメントし、情報提供者に「見たいんで、何と入れて検索したら見れるのか教えておくれでないかいー!」「ツイッターでしか見れないんだね?じゃあそれを作った人がその悪質なデマをバラ撒いた、ということでいいのかな?」と、立て続けに質問をした。

   画像を詳しくみてみると、一部記述が合致することから1月28日に朝日新聞デジタルが掲載した声優・永井一郎さんの訃報記事をもとに作ったものとみられる。画像やタイトルだけでなく、日付、本文など細かな部分も作り変えていて、一見すると本物のように見える。

   エドさんは悪質なデマ画像に怒り心頭といった様子で、「徹底追及します。このままでは済ませません」と宣言。フォロワーに「この悪質なデマ記事をツイッタに最初にアップした輩の名前は?また、その追跡方法が誰か分かる人が居たら教えてー!!」と情報提供を依頼した。あまりの激昂ぶりに、お笑いコンビ「カナリア」のボン溝黒さんから「えどちゃん こわいよ。。」とコメントが寄せられると、「ええボン兄さん、夜も3時過ぎてますからねぇ…たまにはぶちギレさせてくださいよ… 堪忍袋の緒も、そろそろ切れる頃ですよ…」と心境を語った。

1月には小島よしおも被害に

   芸能人の「死亡説」が出ることは、それほど珍しいことではなく、最近ではお笑いタレントの小島よしおさん(33)が被害に遭った。「小島よしおさんが自殺ってマジか…」とはじまるツイートが拡散していることを受け、小島さんは1月25日に「なにこれ!!私は生きてます!!」と否定。「死亡説が出たけどそんなの関係ねえ!」とギャグに変えてはね返した。

   今回、ターゲットにされてしまったエドさんは「ツイッターもネットにしても、これだけ一瞬でマスに発信される媒体に、その真偽も不問・匿名でOK、その発信者に『責任』を背負わされることが無いシステムが何年も野放しになっていること自体が恐過ぎの時代」と匿名ゆえの無責任な言動がはびこるインターネットの現状を問題視。なお、エドさんは24日15時時点でも犯人探しを進めている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中