2ちゃんねる「転載禁止騒動」で注目浴びる 転載自由な「おーぷん2ちゃんねる」とは

印刷

   インターネット掲示板・2ちゃんねるの書き込みを「転載禁止」とする流れが拡大する中で、別の掲示板が急激に投稿数を伸ばしたことで注目されている。その名も「おーぷん2ちゃんねる」だ。

   「まとめサイト」などに自由に転載可能なのが売りで、見た目は本家2ちゃんねるにそっくり。投稿を使えずコンテンツ不足にあえいでいた一部まとめサイトが、転載元として利用し始めた。

「著作権を放棄しパブリックドメインとして公開」

「おーぷん2ちゃんねる」バナー画像
「おーぷん2ちゃんねる」バナー画像

   「転載禁止騒動」が発生するまでは、まとめサイトによる2ちゃんねるの書き込みの利用は当たり前のように行われていた。しかし、2014年2月下旬ごろから転載禁止のローカルルールが様々な板に広がり、トップページからもプリントアウト・コピー・無料配布を認める「自由利用マーク」が取り除かれた。

   こうした事態を受けて転載自由な掲示板を求める層が、2ちゃんねるに似た機能を持つ「おーぷん2ちゃんねる」の利用を始めた。「まとめサイト」などに書き込みを自由に転載できるのが特徴で、サイトの入口ページには、

「おーぷん2ちゃんねるの投稿は著作権を放棄しパブリックドメインとして公開しています。まとめブログやウェブサイト上で自由に転載・創作を行えます」

と書かれている。

   板の名前は「ニュース速報(VIP)」や「ニュース速報+」、「なんでも実況(ジュピター)」など本家を踏襲し、サイトデザインも似通っている。ほとんど本家と同じように利用できる。

   もともとは2012年6月に、嘘ニュースサイトの虚構新聞が、あらゆる転載が認められる「転載ちゃんねる」ができたというネタを記事にしたのを受けて、その直後にエンジニアの矢野さとる氏が本当に作ってしまったサイトだ。矢野氏はネット上の犯行予告を集約するサイト「予告.in」の制作者として知られる。

   当時、大手まとめサイトがデマを流したことで問題となり、2ちゃんねるの運営が「やらおん」「ハムスター速報」「はちま起稿」「オレ的ゲーム速報@JIN」「ニュー速VIPブログ」に対して、2ちゃんねるの転載禁止を言い渡して話題になっていた。今回の騒動は特定のまとめサイトだけが対象ではなく、板ごとに転載禁止のローカルルールが定められており、影響を受けたサイトの数ははるかに多い。

1日の書き込みは2万件以上

   転載禁止騒動が起きるまでは、「おーぷん2ちゃんねる」の1日あたりの投稿数が全板合計で1000件にも満たないこともあったが、2014年3月5日の投稿数は2万8961件、6日は19時現在約2万9000件を記録し、桁違いに投稿が増えた。

   転載元を失って困っていた「まとめサイト」の一部で、次なる情報ソースとして「おーぷん2ちゃんねる」を利用し始める動きがあるほか、掲示板を盛り上げるための自ら活動もしている。

   「オープン2ch@まとめ管理人達の集い」というWikiには、「1つでも多くのレスと、スレを立てていく」、「少しでも多くのまとめ管理人達にこの活動のことを知らせる」などの記述があった。「まとめ民とおまいらが作る 新しい2ちゃんねるが始まるよ」と書かれた宣伝用のバナー画像も作られ、板一覧のページに掲載された。

   ツイッターでは、おーぷん2ちゃんねるの投稿数の急増について、

「絶対まとめサイトが自作自演してるだけだろ」
「既存ユーザーのメリットがない限りこっちが流行ることはなさそう」

と冷ややかに見る人が多い。

   以前から2ちゃんねる転載禁止になりながらも更新を続けるサイト「やらおん」も

「今勢いがちょっとあるのはあれや この転載禁止騒動があるからだろ・・・どうせすぐ過疎るわ」

と述べている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中