みずほ銀行がシステム統合1年延期 合併合意から15年経過、「いつになったら」

印刷

   みずほ銀行が、2016年3月末としていた基幹システムの統合を、約1年延期する方針であることが明らかになった。開発作業に思った以上に時間がかかっているためだ。

   ただ、他のメガバンクはとうにシステム統合を終えている。旧行意識が根強くなかなか融合が進まないみずほを象徴するような事態に、金融界では「本当にみずほは大丈夫なのか」と心配する声も上がっている。

他のメガバンクは統合完了

真の「合併」進まず(画像は「みずほ銀行」公式サイト)
真の「合併」進まず(画像は「みずほ銀行」公式サイト)

   第一勧業、富士、日本興業の旧3行が経営統合に合意したと発表したのは1999年8月にさかのぼる。従来予定していたシステムの統合は2016年3月だから、それでも合意から16年超かかる計算だが、さらに1年先送りになる。

   他のメガバンクでは、1999年に旧さくら、旧住友が統合に合意し2001年に発足した三井住友銀行が2002年にシステムを統合。複雑な再編劇の結果生まれた三菱東京UFJ銀行も2008年にはシステム統合を完成している。形態は商業銀行ではないが、2012年4月に発足した三井住友信託銀行も、2014年内をめどにシステム統合を完了する予定で、みずほから見ればかなり後方のランナーに追い抜かれる事態になっている。

   預金や融資などで資金の出入りを司るシステムを統合することは、効率運営につながるだけでなく、利用者に新たなサービスを提供する基盤ともいえる。他社との競争上、「周回遅れ」が長く続くのが望ましくないのは明らかだ。費用も従来は2500億~3000億円と試算していたが、数百億円規模で膨らむ見込みで、収益も圧迫しそうだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中