キム・ヨナ「銀」に韓国が提訴決定 国際スケート連盟に調査求める

印刷

   ソチ五輪でキム・ヨナ選手(23)が銀メダルとなった判定を不服として、韓国の大韓体育会と大韓スケート連盟が2014年3月21日、国際スケート連盟に提訴することを明らかにした。日韓メディアが報じた。

   報道によると、大韓体育会などでは、キム・ヨナ選手の銀判定について、国際スケート連盟の倫理規定に違反すると主張し、懲戒委員会での調査を求めるという。キム・ヨナ選手はこの日、「提訴する決定を尊重し、その意思を謙虚に受け止める」と韓国マスコミにコメントした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中