手塚治虫「開かずの引き出し」から自筆の大量エロ絵 「田中圭一も真っ青」な中身にファン興味津々

印刷

   漫画界の巨匠、手塚治虫さんが生前に使っていた書斎机の「開かずの引き出し」が娘・るみ子さんの手によって初めて開けられた。

   気になる中身の一部をツイッターで公開し、ファンは大興奮だ。というのも、出てきたのは、アニメ原画や未完作のカット、食べかけのチョコレートのほかに、エロさ際立つイラストまで見つかったからだ。

25年の時を経て「発掘」

エロイラストも大量に(手塚るみ子さんのTwitterより)
エロイラストも大量に(手塚るみ子さんのTwitterより)

   るみ子さんは2014年3月27日、ツイッターで「今日は半日かけて新座スタジオで父の書斎机の片づけをしてきました」と報告した。新座スタジオとは、埼玉県新座市にある手塚プロダクションのアニメーション制作スタジオのことで、治虫さんが晩年、仕事場としていた場所だ。今回、整理したという書斎机は2013年7月に開催されたチャリティライブイベント「FREEDOMMUNE 0 <ZERO>」でも展示されていた。

   だが、机の引き出し部分はなんと25年もの間「開かずの状態」だったというのだ。鍵を紛失していたため開けることができず、メーカーを探して合い鍵を作り、今回ようやく中身が明らかになった。ファンにとってはこれだけでも十分驚きなのだが、るみ子さんは、特別に中の一部をツイッター上に公開し始めた。

   「AKIRA」などのヒット作で知られる漫画家、大友克洋さんについて書かれたエッセイの手書き原稿に始まり、食べかけ状態の大好物なチョコレート、未完の遺作として知られる「グリンゴ」「ネオファウスト」の原稿の切れ端、1971年から放送されたアニメ「ふしぎなメルモ」の直筆原画など、貴重な資料やアイテムが続く。

田中圭一に「負けん気」出した?

   中でも関心を集めているのが、大量に「発掘」された「大人向け」のカットだ。今回は、るみ子さんによる自主規制をクリアしたヘビとネズミをモチーフにしたエロチックな絵のみ公開された。なかには、かなり際どいものもあったようで、るみ子さんは「なかには田中圭一も真っ青な卑猥なイラストも」と綴っている。田中圭一さんは手塚作品をはじめとする大御所漫画家の下ネタパロディで知られる人物。以前、るみ子さんは田中さんの著書に「訴えます!!」「許せません!!」といった帯コメントを寄せたこともある。

   このツイートは反響を呼び、28日17時時点で5000回以上リツイートされている。一部からは「手塚治虫がこっそり隠してたエロ落書きが発掘されたのか…」などと驚きの声があがっているが、作品をよく知る読者からは「手塚治虫以上にエロい線を描ける人を知らない」「手塚治虫でエロを学んだ」などという声があがる。るみ子さんも「こっそり隠してた訳じゃなく、また落書きでもなく、たまたま描いて保管してたのがまとめて出てきただけのことです。愛読者なら判りますよね、手塚治虫がいかに多くのエロを描いてきたか。今更って話です」と弁明する。

   とはいえ、田中さんが真っ青になるほど、というイラストにはファンも興味津々で、ネット上では「田中圭一の絵が混在してるのでは?」といった冗談まで飛び出した。するとるみ子さんは、そうした冗談が片付けの最中にも出たと明かし、「おそらく天国の手塚治虫が、薄い本(編注:エロ同人誌)バカ売れの田中先生に対し、変な負けん気を出して『俺だって描ける!』と、発掘させたんじゃないかと。そんな気がしてなりません」とユーモラスに語った。

   ところでお宝たちは、今後どうなるのだろうか。展覧会や未公開作品集の出版を望む声も多い中、るみ子さんは「いつの日かファンの皆様にもお披露目できる機会があるかもしれませんね」と語るが、現時点では「とりあえず手塚プロの資料室が厳重保管」とのこと。「あまり手塚プロをせっつかない様にお願いしますネ」とも呼びかけており、ファンは機会が訪れるのを願うのみだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中