「優勝」浅田真央の会心の演技は、「私たちへのお別れ」のメッセージ? ネットで心配する声も

印刷

   フィギュアスケートの世界選手権・女子フリーが2014年3月29日、さいたまスーパーアリーナでおこなわれ、浅田真央(中京大)が138.03点で1位となり、合計216.69点で優勝した。2位はソチオリンピック5位のユリア・リプニツカヤ(ロシア)、3位はソチオリンピック銅メダルのカロリナ・コストナー(イタリア)が続いた。

   浅田が世界選手権で優勝するのは4年ぶり3度目。ショートプログラムでは世界歴代最高となる78.66点をマークしていた。ソチ五輪6位の雪辱を果たした形だ。

プルシェンコ「私たちのスポーツを次のレベルまで導いてくれた」

   今大会で、浅田はショートを含め2回のトリプルアクセルに挑戦。フリーでは回転不足の判定を受けたが、トリノ五輪の金メダリスト・エフゲニー・プルシェンコ選手はツイッターで「浅田真央、3回目の世界チャンピオンおめでとう。2回の美しいトリプルアクセル、とても誇りに思う」と英語でコメント。つなぎや構成が重視されがちな採点傾向の中で、高難度のジャンプに積極的に取り組んできた同志として、「私たちのスポーツを次のレベルまで導いてくれてありがとう」とたたえた。

   ネット上でも、一般の人からも、「金メダルおめでとう。 そして、ありがとう」と祝福したり感謝したりする感想が相次いでいる。

「真央ちゃんの足元にも及ばないが、私もこれからの4年間、精一杯努力してみようと思った。そういう気持ちにさせてくれて、ありがとう。」
「ソチのFPによって、ここ何年も真央ちゃんに失われていた自信がやっと取り戻せたんだなあと実感したワールドでした。何にも揺るがない『究極の浅田真央』が完成して、しかも日本で披露してくれた。胸が一杯です。ありがとう真央ちゃん」

「真央ちゃんにお別れを言われた気がしてます」

   浅田選手はまだ進退について明言していないが、今後についても、「真央ちゃんにお別れを言われた気がしてます・・・。いつもと顔がちがってる気がしました。真央ちゃんありがとう」と心配する声や、「真央ちゃんは続けるにしろ、引退するにしろ、休まなきゃな。来シーズンは休んでGPSとか見てやっぱり続けたいと思ったら続ければ良いと思う。それくらい待ってやれよな」「真央ちゃんはいつでも自分の気持ちに正直で誠実に向き合っていた。どんな結果になろうと、他人の誰のせいにもした事なんて一度もない。まだ23歳の真央ちゃんが全部を全てを背負っていた。もの凄い女性だよ。貴女の不屈の精神に何度励まされた事か。真央ちゃんには本当に幸せになって欲しいよ」などと気遣う声が上がっている。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中