みんなの党、新代表に浅尾氏 無投票で選出

印刷

   みんなの党は2014年4月11日、両院議員総会で浅尾慶一郎幹事長を代表に選出した。浅尾氏以外の立候補はなく、無投票で選ばれた。渡辺喜美前代表が、化粧品会社「DHC」の吉田嘉明会長から計8億円を借りていた責任をとり、辞任したことをうけてのもの。

   浅尾氏は1998年、参議院神奈川選挙区(民主党公認)で初当選。09年に衆議院神奈川4区へのくら替え出馬を申し出るも、民主党に拒否されたため離党し、「みんなの党」結党に参加した。09年8月の衆議院初当選後は、党政調会長、幹事長を歴任した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中