ひろゆき氏の「2ch.sc」ついに公開 現2chとソックリ、一体どっちが「本家本元」?

印刷

   2ちゃんねる創設者のひろゆき(西村博之)氏が2014年4月6日ごろ公開予定と発表していた掲示板サイト「2ch.sc」が11日夜、ついにオープンした。

   内容は現2ちゃんねる(2ch.net)のデータをほぼコピーしたものとみられ、トップページのデザインも一見するとそっくりだ。

「自由利用マーク」も提示

ついに正式オープンした「2ch.sc」
ついに正式オープンした「2ch.sc」

   ひろゆき氏は4月1日、現在の2ちゃんねるはレンタルサーバ会社が不法行為によって乗っ取ったものだと批判し、新サイトの公開を予告していた。トップページは現2ちゃんねるとほとんど変わらないが、3月に利用不可となった2ch公式ビューアサービス「p2」や、ひろゆき氏のブログがリンクされている。また、プリントアウト・コピー・無料配布を認める「自由利用マーク」の掲示もある。このマークは以前、現2ちゃんねるにも掲載されていたものだが、2月下旬ごろから人気掲示板で転載禁止のローカルルールが広まると、トップページから取り除かれていた。

   掲示板一覧も、「PINKちゃんねる」へのリンクがないのを除けば現2ちゃんねるとほぼ同じで、各板内のスレッドの内容も同様だ。何らかの方法で過去のスレッドや書き込みのログを2ちゃんねるから取得したものと思われる。また、「ニュース速報(嫌儲)」板を除き、3月以降に名前欄に「転載禁止」を明記した「なんでも実況J」や「ニュース速報(VIP)」などの板では、新2ちゃんねるの場合表記が消えているようだ。

「そんなわけで、ベータテスト中です」

   2ch.scにはひろゆき氏のものと思われる「そんなわけで、ベータテスト中です。システムを一から作ったり、手直ししたりで、十分にテストは出来てないので、壊れたり、荒れたりすると思いますが、ネットのサービスってそんなもんなんで、まぁ、気にせずにお楽しみください。」との注意書きもある。

   新2ちゃんねるオープンにより、2ちゃんねる関連の掲示板サイトは従来の「2ch.net」、転載自由だとしている「おーぷん2ちゃんねる」、そして創設者・ひろゆき氏による「2ch.sc」の3つとなった。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中