マックに裏メニューが存在していた! ピクルス、オニオン、ソースは倍にできる

印刷

   ハンバーガーチェーン「マクドナルド」に裏メニューが見つかった、などと2014年4月12日頃からネットでちょっとした騒ぎになっている。

   店員と思われる人物が「ツイッター」で、ハンバーガーに挟んでいるピクルスやオニオン、ソースなどの量を無料で2倍にできるのだが誰も頼まない、などとつぶやいたことがきっかけだったが、マクドナルドは何も告知をしていない。本当にこうした裏メニューは存在するのだろうか。

「100円バーガーでもピクルス増量オーダーできたー」

   店員と思われる人物が14年4月5日に「ツイッター」でつぶやいたのはこんな内容だった。

「マックでさあ!!!!!!4月1日からさあ!!!!!!ケチャップ増量とかピクルス2倍とかさあ!!!!!!できるようになったのに今日1つも増量注文こなかったよ」

   フォロアーからタルタルソースやテリヤキソースなども増量できるのか、と質問され、ソース全般と、オニオンなどが2倍まで増量できるなどと答えていた。このツイートがネット上に拡散し、マックの裏メニュー探索のきっかけになった。ツイッターや掲示板には次々報告が寄せられ、証拠となるレシートの写真をアップする人も現れた。

   14年4月9日付けのレシートでは、「ビッグマック」とポテト、コーラのセットを買ったが、ソース、オニオン、ピクルスの表示の横に「オオメ」の文字が書かれている。また、ツイッターでは、

「ほんとにマックのハンバーガー、ピクルス増やせるようになってる」
「100円のハンバーガーでもピクルス増量オーダーできたー」

などといった報告が相次いだ。

   こうした無料の裏メニューといえば、牛丼チェーン「吉野家」の汁を多く丼に入れる「つゆだく」「つゆだくだく」とか、タマネギ多めの「ねぎだく」、逆にタマネギを入れない「ねぎぬき」などが有名だが、マクドナルドにも本当にあるのだろうか。

「現在提供している組み合わせがベスト」とマック広報

   マクドナルド広報に話を聞いてみるとこれは事実で、14年4月1日から始めたのだという。これまでは「ピクルス抜き」などといった特定の食材を抜く要望には応えていたが増やす選択を入れたのは今回が初めて。トッピングやソースを最大2倍までできるようになった。例えば、ピクルスが1枚入っているハンバーガーは2枚、2枚入っているものは4枚にすることができる。お客は注文時に「多め」「少なめ」といって注文する。「少なめ」はトッピングやソースを半分にできるのだそうだ。こうしたシステムを入れた理由は、

「すべてはお客様のためにという方針の中で、よりお客様のお好みで食べていただけるようにしました」

ということだそうだ。それではなぜこの新しい取り組みを公表しなかったか。この点については、現在提供しているハンバーガーなどの商品のレシピの組み合わせは、マクドナルドとしてベストと考えているためで、あくまで「裏メニュー」の存在というのが本音のようだ。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中