沈没事故後の靖国参拝に韓国激怒 「最低限の常識と礼儀もわきまえなかった」

印刷

   日本の首相や閣僚が靖国神社を参拝するたびに近隣諸国が反発するのは「織り込み済み」のはずだが、今回は少し様子が違うようだ。韓国では、旅客船「セウォル号」(6825トン)の沈没事故で生存者の発見が絶望視されており、国中が悲嘆に暮れている。

   そんな中での参拝だということもあって、「隣国に対する礼儀など少しも見いだせない」と、いつも以上に感情を害しているようだ。

閣僚の私人としての参拝は「個人の信条に関する問題で、政府としては立ち入らない」

例年に増して韓国が靖国参拝への批判を強めている
例年に増して韓国が靖国参拝への批判を強めている

   安倍晋三首相は2014年4月21日から始まった靖国神社の春季例大祭に合わせて、同日付で「内閣総理大臣 安倍晋三」の名で「真榊(まさかき)」呼ばれる供物を奉納した。翌4月22日には新藤義孝総務相や、超党派の「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」(会長=尾辻秀久元厚生労働相)に所属する衆参の議員約150人が相次いで参拝した。

   菅義偉官房長官は22日午前の会見で、閣僚の私人としての参拝については

「個人の信条に関する問題で、政府としては立ち入らない」

と問題視しない考えだが、到底理解は得られなかったようだ。

与野党の議員でつくる「正しい歴史の会」が非難声明出す

   日本側は超党派で参拝したが、韓国側も4月22日、与野党が足並みをそろえる形で参拝を批判した。YTNテレビや通信社の「ニュース1」によると、与野党の議員約100人でつくる「正しい歴史の会」は声明を出し、

「セウォル号の惨事を体験している状況で、日本の政治家たちの行動は最小限の常識と礼儀もわきまえなかった」

と非難。与党のセヌリ党のスポークスマンも、明示的に事故とを関連づけた訳ではないが、

「隣国に対する礼儀など少しも見いたせない」

と、「礼儀」という言葉を使って厳しく非難した。

   野党第1党の新政治民主連合のスポークスマンも、

「靖国集団参拝は日本が犯した侵略戦争を正当化しようとする動きとしか見られない」

と述べた。

   一連の韓国側の反発は、環球時報をはじめとする日本に批判的な中国メディアも伝えており、韓国の動きに乗じる形で日本批判を加速させている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中