民主党、若者ターゲットに議員交流イベント 「若者の右傾化」「民主党の存在意義」などテーマに5回シリーズ

印刷

   民主党は2014年5月から、「民主党大学」と銘打った若者と議員の交流イベントを全5回シリーズで開く。自民党に比べて世襲議員が少ないという民主党の特徴を生かしながら、若者に対して政治を身近に感じてもらうのが狙い。

   初回は5月11日に東京・新宿の京王プラザホテルで予定されている。パネルディスカッションと、立食パーティー形式の意見交換会の2部構成で、パネルディスカッションには細野豪志衆院議員、教育評論家の尾木直樹氏、「僕らの一歩が日本を変える。」代表の青木大和氏らが登壇、世代論をテーマに議論する。

「若い人の考え方を民主党が吸収する機会にもしたい」

「民主党大学」の告知ビラ。ウェブサイトから事前に申し込んで参加する
「民主党大学」の告知ビラ。ウェブサイトから事前に申し込んで参加する

   参加にはウェブサイトで事前申し込みが必要。若者120人の参加を見込んでいるが、それとは別に民主党所属の国会議員や地方議員も約80人参加する。津村啓介衆院議員(党青年委員長)によると、若者と政治家が触れ合う機会を十分確保した「双方向型」のイベントを目指したといい、「若い人の考え方を民主党が吸収する機会にもしたい」と話している。

   6月以降も月1回のペースで開催し、テーマは「脱・貧困の連鎖」「若者の右傾化」、「民主党の存在意義」などが検討されている。自民党の元大物議員にも出演交渉するという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中