北朝鮮で大規模森林火災 米観測衛星がとらえる

印刷
NASAの衛星が2014年4月25日にとらえた北朝鮮の様子。赤い部分が火災発生地点。煙が日本海側に流れているのがわかる(NASAウェブサイトから)
NASAの衛星が2014年4月25日にとらえた北朝鮮の様子。赤い部分が火災発生地点。煙が日本海側に流れているのがわかる(NASAウェブサイトから)

   北朝鮮の広い地域で森林火災が発生していることが米航空宇宙局 (NASA)の地球観測衛星「アクア」の観測で明らかになった。2014年4月25日に撮影された写真では、少なくとも数十か所で火災が発生し、大量の煙が日本海側に流れているのがわかる。農地をつくるための「野焼き」が延焼した可能性や、送電線が木に触れて発火した可能性が指摘されている。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中