やらせ報道の「ガレキとラジオ」、上映再開へ

印刷

   「やらせ」があったと報じられ、上映中止となっていた震災ドキュメンタリー映画「ガレキとラジオ」の山国秀幸エグゼクティブプロデューサーが、2014年5月1日、上映再開に向けて準備を進めていることを文書で明らかにした。「誰からも応援して頂ける映画になることを前提として、再上映の可能性とその新しい内容について慎重に検討に入りたい」として、理解を求めた。

   映画は東日本大震災後の宮城・南三陸町で開局した災害ラジオ局「FMみなさん」と町民の姿を描いた作品で、13年4月に公開された。14年3月になり、被災者の女性がラジオを聞いて励まされているという場面について、実際は電波が届かず、撮影班が用意した録音CDを聞いていたことが一部報道により判明。製作陣は「演出」があったことを認めて謝罪し、上映会の中止を申し入れた。

   その後、山国氏が「やらせ」報道のきっかけとなった女性に直接会いに行くと、女性は「やらせでは絶対ない」と記事を否定した。記事内容が真意とは違ったこと、再上映を望んでいることなども分かったという。また、映画に出演したラジオ局の元スタッフたちも4月中旬に上映再開を求める声明を発表していた。

   報道直後に上映中止を求めていた、ナレーションの役所広司氏にも説明を行い、「東北支援の原点に戻り、新たな映画『ガレキとラジオ』に生まれ変われるよう頑張りましょう」との言葉をもらったという。

   山国氏は、現時点で再上映の予定はないとしながらも、「それが果たせるならば、『映画で東北を知る支援』の活動を地道に積み重ね、微力ながら東北、南三陸町に還元していきたいと考えております」と綴った。進展があれば、改めて報告するという。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中