関西テレビ謝罪 別人が家族演じる

印刷

   関西テレビは、バラエティー番組「千原ジュニアの更生労働省 元ヤン芸能人がダメ人間に喝!」(2014年3月16日放送)に事実と異なる内容が含まれていたことを5月4日に公式サイトと放送で発表し、謝罪した。

   番組は、欠点やコンプレックスを持つ人に課題を与えて、芸能人が応援しながら更生させる内容。3月16日の放送では、若者5人を集めてカーリングチームを組み、1か月間練習して小学生の強豪チームに挑戦するコーナーがあったが、メンバーの1人の家族として登場した人物が実際とは異なる人物だった。

   関西テレビの説明によると、収録の際に家族のスケジュールが合わなかったため、制作スタッフが別の人物に出演を依頼したという。同社は「事実と異なる内容を放送し、視聴者の皆様の信頼を裏切ることになりましたことを、深くお詫びいたします」と謝罪した。詳しい経緯については、5月18日放送の「カンテレ通信」で報告するとしている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中