日本人のクルーズ旅行者、過去最高の23万人 13年に10%増

印刷

   2013年の日本人のクルーズ旅行利用者数は、前年比10%増の23万8200人と、18年ぶりに過去最高を更新した。国土交通省が、クルーズ船社や旅客船事業者、船舶代理店、旅行会社、全国の港湾管理者などへの調査を実施し、2014年4月25日に公表した。海外に向かう外航クルーズの伸びが目立った。割安なツアーも増え、利用者のすそ野が広がっている。

   外航クルーズ乗客数は、13年6月に「ふじ丸」が運航を停止したものの、外国船社による日本発着外航クルーズが本格化したことから、調査を始めてから過去最高となる13万8100人(前年比14.8%増)となった。

   方面別では欧州とアジアがそれぞれ4割強を占めた。3~7日泊程度の比較的短いクルーズが増えたことを反映し、平均宿泊数は7.4泊と1.9泊少なくなった。

   また、日本発着の外航クルーズを利用する外国人数について、初めて調査したところ、日本発着の外航クルーズを利用する外国人数は6000人だった。

   一方、日本発着の外航旅客定期航路を利用した日本人乗客数は、円安などの影響によって、前年比45%減の18万5000人となった。

   国内クルーズの利用者は4%増の10万100人と、15年ぶりに10万人台を記録。平均宿泊数は2.9泊と前年並みだった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中