「ドラえもん」全米デビュー のび太は「ノビー」に

印刷

   米ウォルト・ディズニーが2014年夏、日本の国民的アニメーション作品「ドラえもん」の全米放映を始めると5月9日、日本経済新聞電子版などが報じた。米国向けの販売権を持つテレビ朝日が英語吹き替え版の放映で合意したという。

   報道によると、子供向けチャンネル「ディズニーXD」で計26話を放送する。英語版はテレビ朝日や藤子・F・不二雄プロなど日本側3社が米国のスタジオに委託して制作する。現地の文化や習慣に合わせてストーリーの一部を変更するほか、のび太は「ノビー」、ジャイアンは「ビッグG」、タケコプターは「ホプター」になるなど、一部の登場人物や道具の呼称も変わるという。

   「ドラえもん」はすでにアジア圏をはじめ、ブラジル、ロシア、スペインなど35の国と地域で放送されている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中