富岡製糸場、入場者200万人突破

印刷

   富岡製糸場(群馬県富岡市)で2014年5月12日、市の管理となった2005年10月以降の入場者数が200万人を突破した。

   富岡製糸場は、世界文化遺産への登録勧告が判明した4月26日以降から見学者が急増。ゴールディンウィーク期間中の5月4日には、過去最多となる8142人が訪れたと報じられていた。

   200万人目の見学者となったのは高崎市から訪れた4人グループで、富岡製糸場東繭倉庫前で記念セレモニーが行われ、花束と記念品が贈られた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中