PC遠隔操作事件「真犯人」メール、片山被告が送信の疑い

印刷

   PC遠隔操作事件で2014年5月16日に「真犯人」を名乗る人物から報道機関や弁護士に送られたメールは、現在公判中の片山祐輔被告(32)が送っていた疑いが浮上した。5月19日午前、NHKや共同通信などが捜査当局の話としていっせいに報じた。

   メールが送られたのは片山被告の裁判が開かれている時間帯だったが、それより前に片山被告が都内の河川敷にいるのを捜査員が目撃。片山被告がいた場所からスマートフォンが発見されたことから、片山被告がタイマー機能を使うなどしてメールを送った可能性があるとみている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中