片山祐輔被告「すべて自分の犯行」 「擁護派」は苦しい釈明

印刷

   片山祐輔被告(32)をかばっていた「擁護派」はどうするのか――。パソコン遠隔操作や「真犯人」メールもすべて自分がやったことだと片山被告が明かしたことで、ネット上でこんな批判の声が相次いでいる。

   弁護士も連絡が取れず会見にも姿を見せなかった片山祐輔被告については、2014年5月20日朝になって急な展開を見せた。

佐藤博史弁護士は、「否定的な思いはない」

   片山被告は自分が一連の事件の犯人だと認めたと、NHKなどが次々に報じ、弁護団と打ち合わせに入ったことも分かった。片山被告が河川敷に埋めたスマホから「真犯人」メールを送って証拠隠滅を図ったとして、東京地裁もこの日、保釈の取り消し決定をした。

   報道によると、片山被告は、前日に姿を消してから、高尾山などで自殺しようとしたが死にきれなかったと言っているという。しかし、打ち合わせ後は笑顔で報道陣の前に姿を現し、東京地検がその後、片山被告の身柄を拘束した。

   弁護団は、報道陣の取材に応じ、今後は起訴事実を全面的に認める考えを明らかにした。片山被告は、弁護団を解任し、国選弁護人で裁判に臨む意向だというが、弁護団としては、これまで片山被告に騙され続けたことになる。

   これに対し、主任弁護人の佐藤博史弁護士は、被告が無実を訴える以上信じるのは当然だとし、「裏切られたという否定的な思いはないし、見捨てるつもりもない」と話した。また、「これで事実が明らかになったのは、悪いことではない」ともした。そして、えん罪だと思ってきたのは、検察が証拠を出さす、マスコミへのリークを繰り返していたからだと捜査側を批判していた。

   ネット上ではこれまで、片山被告を「ゆうちゃん」と呼んで擁護する声もあり、メディアなどには、弁護側の言い分を熱心に紹介する向きもあった。片山被告が犯行を認めたことで、「擁護派は今後どう釈明するのか」といった厳しい指摘が出ている。

レイバーネット「擁護派と捉えられても当然」

   「擁護派」とは断定できないが、ジャーナリストの江川紹子さんは、ブログなどでこれまで熱心に弁護側の主張を取り上げていた。ただ、江川さんは、オウム裁判などで多忙らしく、ツイッターでは2014年5月20日夕現在で、佐藤博史弁護士の発言を紹介するだけに留まっている。

   また、音楽家でジャーナリストの八木啓代さんはブログなどで、河川敷で片山被告のスマホが見つかったと報じられた後も、片山被告がスマホを埋めたかどうかを疑問視する発言をしている。しかし、片山被告が犯行を認めた後のブログでは、片山被告の犯行は確定的で、これまでだまされていたことを一転して認めた。しかし、佐藤弁護士と同様に、検察がリークを繰り返していたことや取り調べの可視化に応じなかったことが、証拠がなくえん罪との印象を抱かせたと言っている。

   片山被告は、16日にマスコミなどに送った「真犯人」メールで、テレ朝系「報道ステーション」や労働運動情報サイト「レイバーネット日本」で取り上げられたことを強調していた。

   レイバーネットでは、14日に片山被告とのインタビュー動画を流しているが、片山被告は「真犯人」メールで、自分はネトウヨだと思っているとして、「あんな赤くて香ばしい、ハングルハチマキの人たちに祭り上げられているとは…本人も相当不本意だろうなーって」と揶揄していた。

   レイバーネット日本の共同代表は、取材に対し、ネット上で擁護派とされたことについて、「えん罪の可能性があると動画で好意的に取り上げて言い分を紹介したので、そう捉えられても当然だと思っています」と話した。片山被告に揶揄されたことについては、「仲間ではなくあくまでもゲストであり、どういう考えなのかも分かりません。彼がそのように受け止めただけで、侮辱だなどとは思わないですね」と言う。ハチマキは、たまたましていただけだとした。

   片山被告が犯行を認めたことには、「本人が認めており、スマホに証拠も残っていますので、犯行に疑問の余地はないと思っています。緻密さがありながら、まぬけなところもあり、今は、なぜあんな行動を取ったのだろうと、その異常な人格に関心があります」と話している。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中