「美味しんぼ」編集部、准教授の「発言載せないで」拒否報道で見解

印刷

   週刊ビッグコミックスピリッツ(小学館)の漫画「美味しんぼ」に登場する荒木田岳・福島大准教授が「除染しても福島は住めない」などとする自身の発言を作中で使わないよう求めたが、編集部がそれに応じずに発行したと2014年5月21日付の朝日新聞が報じた。

   荒木田氏は5月12日発売号の「美味しんぼ」に実名で登場し、「福島はもう住めない、安全には暮らせない」「福島を広域に除染して人が住めるようにするなんて、できないと私は思います」などと話す様子が描かれていた。この描写については福島県などが抗議していた。

   朝日新聞の記事では、荒木田氏の関係者の話として、荒木田氏が、福島全体が住めないと読者に受け取られるおそれから、「自分もここで暮らしており、使わないでほしい」と編集部側に要望していたと伝えた。これに対し、編集部は「作品は作者のもので登場人物のものではない」と説明、荒木田氏も「作品の中身の是非まで言う立場にないい」と最終的に伝えたという。

   この報道について問い合わせたところ、スピリッツ編集部は次のようにコメントした。

「原作をご覧いただいた時点で、荒木田先生が表現方法に懸念を示されたことは事実ですが、編集部の責任において掲載することについてはご了承いただきました。朝日新聞の記事にあるような、発言を使わないでほしいという先生からのご要望を編集部が拒否したという事実はございません。しかしながら、作品掲載の結果として先生にご迷惑をおかけしたことにつきましては誠に遺憾に存じております」
インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中