「セカオワ」ギターボーカルFukaseの発言が波紋 他のバンドに「今時、まだギター使ってんの?」

印刷

   メンバーのSaoriさんが「殺気だってる。オリコン一位取っても、国立競技場でライブしても、こんな気分になるのか」などとツイートしたことが最近話題になったバンド「SEKAI NO OWARI(セカオワ)」メンバーの発言が、また波紋を広げている。

   今度はボーカル&ギターを務めるFukaseさんが、自分たちの音楽のオリジナリティを説明する中で、ギターを使っている他のバンドを批判するようなコメントをしたことが注目を集めているのだ。ネットでは「腹立つ」「他バンドを見下すな」の声も上がっている。

「イギリスのロックを真似してるような音楽やってたら、長い間残らない」

   話題になっているのは、音楽情報サイト「EMTG MUSIC」に2014年4月8日に掲載された、シングル「炎と森のカーニバル」発売記念のインタビューだ。

   この曲では花火の音をリズム音として使っているという話の流れで、インタビュアーが「そういう音の探求まで含めて、SEKAI NO OWARIの日常になってる感じがしますね」と振ると、Fukaseさんがこう答えた。

「そうですね。結構、外界に触れないでここまで来たから。他のバンドを見てると、『今時、まだギター使ってんの?』とか思うし、『まだギター・ロックやってるんだ?』って思うし。自分たちはそれとは全然違う方向性だから、何とも思わないけど……でも、俺は寂しがり屋だから、自分の音楽がずっと残っていったらいいなと思う。イギリスのロックを真似してるような音楽をやってたら、長い間残ってくれないだろうなと思うから。『自分らしさ』って何だろう?っていうのを追求して、未来永劫残ってくれるものを作っていくためには、やっぱりオリジナリティが不可欠で。でも、奇を衒ってるだけでは人の心は掴めないんで。俺たち自身が楽しんで『いいね』って言いながら進んでいくことが重要なのかなと思ってやってますね」

ギター専門店が「Fukaseさんご来店!」の報告も

   このインタビュー記事はSaoriさんが「殺気だってる」などとツイートした14年5月30日頃からツイッターで取り上げられ始め、「これ読んだら完全に彼らはダメだと思ったよ」「これはよろしくないね」などと苦言が投稿されていたのだが、あるツイッターユーザーが6月3日に投稿した以下のツイートで一気に火が付いた。

「深瀬『今時、まだギター使ってんの?』各位バンド界隈及びファンに向けて、核兵器投げるレベルの発言でワロタ」

   ツイートにはインタビューの中のギターについての発言部分を抜き出したスクリーンショット画像が添付され、約24時間で8000近くリツイートされる話題に。「これは腹立つ」「自分の音楽に絶対的な自信があったら、他人の音楽の否定なんかしたくならないと僕は思うんですけどね」「どうぞご勝手にって感じやな(笑)ただ、他バンドを見下すような発言するのはNGでしょ」など、発言を批判する意見が多数書き込まれた。

   Fukaseさんは14年4月にも、

「初めてギターを見た時、この限りある音の組み合わせで音楽を作るという数学的なものに不自由さを感じた。だから今でもギターは好きじゃない」

と、ギターへの複雑な感情をツイートしていた。ただ、13年7月には、東京・渋谷区のアコースティックギター・ウクレレ専門店「ハートマンギターズ」のブログで、「Fukaseさんに先日、ご来店いただき、ギターをご購入いただきました!」との報告もある。

外資系求人特集

   海外企業の日本法人設立が相次いでいるが、日本の商慣習に理解がありながら、海外とのやり取りもできるバイタリティーを持ったマネージャークラスの人材が不足している。代転職サイト「ビズリーチ」の外資系企業特集によると......続きを読む

PR 2015/3/16

投資

   ここ数年、円相場の変動が大きくなり、外国為替証拠金(FX)取引では為替差益を狙う個人投資家が増えているようだ。いまや日本の個人投資家はすでに......続きを読む

PR 2016/6/1

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

日本神話、源氏物語から阿久悠、AKB、仕事、家庭まで。文化と社会の中には常に女性の姿があった!

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中