不倫の「新日」レスラー、2か月の出場停止処分

印刷

   新日本プロレスは2014年6月9日、所属するプロレスラーのタイチ選手(34)を2か月の出場停止とする処分を発表した。出場停止期間中は30%の減俸となる。タイチ選手は不倫相手とのキス写真や「LINE」での会話が暴露され、新日本プロレスが5月28日、「さらに詳細な事実関係を調査・確認」すると発表していた。

   調査チームと弁護士による調査報告を受け、本人の言い分を踏まえて処分が決まった。新日本プロレスは、今回の問題を

「タイチ選手が相手方女性と不倫関係にあったこと、また、その解消にあたり、タイチ選手から相手方女性に対する不適切な発言があった点」

にあったとする一方で、

「本人が本件について深く反省していることや、今回の騒動についてはインターネット上において相手方女性に悪質な名誉毀損、プライバシー侵害などの違法行為があったこと、相手方女性のこれらの行為により、本人が極めて甚大な社会的制裁を受けたこと」

などを考慮して処分を決めたとしている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中