中国、従軍慰安婦と南京事件を世界記憶遺産に申請

印刷

   中国外務省は2014年6月10日、いわゆる従軍慰安婦問題や、旧日本軍が多数の中国人を殺害したとされる「南京事件」に関連する資料を国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界記憶遺産に登録申請したことを明らかにした。

   華春瑩副報道局長は記者会見で、申請の目的を

「歴史を記憶し、平和を大事にし、人類の尊厳を守り、人道・人権・人類に反する行為が再び起こることを防ぐ」

と説明。菅義偉官房長官は同日の会見で、

「仮に中国が政治的意図をもってこの案件について申請をしたものと判断されれば、抗議の上、取り下げるように政府として申し入れを行いたい」

と不快感を示した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中