W杯開幕戦の審判団は「日本人トリオ」 主審に西村雄一氏

印刷

   2014年6月12日(日本時間13日)に開幕するサッカーワールドカップ(W杯)ブラジル大会で、サンパウロで行われる開幕戦、ブラジル-クロアチアの試合を日本人の審判団が担当することになった。W杯開幕戦を「日本人トリオ」がさばくのは初めて。

   主審は西村雄一氏、副審は相楽亨氏と名木利幸氏が務める。西村氏は前回2010年の南アフリカ大会でも、準々決勝のオランダ-ブラジル戦をはじめ4試合で主審を任された。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中