西武鉄道、池袋駅を40年ぶり全面改装

印刷

   西武鉄道は2014年6月11日、主要駅である池袋駅を40年ぶりに全面改装すると発表した。「太陽」をイメージしたデザインを取り入れ、駅の内外装を一新する。総事業費は約61億円で、工事は2016年3月に終了予定。

   ホームにはホームドアを新たに設置し、安全性を高める。他社線との乗り換えの入り口となる改札口付近には、分かりやすいようゲートを設置。1階コンコースには待ち合わせの広場もつくる。

   駅構内の店舗も、若い女性をターゲットにした店舗構成に刷新し、女性が気軽に立ち寄れるスイーツ店や、人気のアパレル、雑貨店などをラインアップする。

   トイレは全面改装し、更衣室を設ける。2020年の東京五輪を前に、日英中韓4か国語対応の案内掲示板も整備し、外国人観光客にも分かりやすくする。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中