降圧剤の臨床研究に組織的関与 武田薬品が謝罪

印刷

   武田薬品工業は2014年6月20日、京都大学などによる降圧剤「ブロプレス」の臨床研究について、同社が「公正性に疑念を生じさせかねない関与や働きかけを行った」とする第三者機関の調査報告書を公表した。3月に行った記者会見では社員の関与を認めていなかった。

   今回調査を行った「ジョーンズ・デイ法律事務所」の報告書によると、企画段階から学会発表まで一貫して社員の関与があったという。ブロプレスに有利な結果を導くため、追加のデータや解析を京大側に度々要求したり、学会発表でのスライドに有利に見えるようなグラフを追加、宣伝にも利用するなどした。

   長谷川閑史社長は会見で「製薬企業全体の信頼を揺るがしかねない行為だったことを真摯に反省いたしております」と謝罪した。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中