フリーアナウンサー荻島正己さん、食道がんで死去

印刷

   フリーアナウンサーの荻島正己(おぎしま・まさみ)さんが2014年6月21日、食道がんのため死去した。62歳だった。

   荻島さんは1975年に静岡放送に入社し、82年にTBS「朝のホットライン」司会者に抜てきされた。85年に独立し、情報番組などで活躍した。

   2006年1月、レギュラー番組で食道がんを患っていることを明かし、7月には「がん細胞が消滅した」と発表していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中