新宿焼身自殺騒動、国内メディアは小さい扱い 海外メディアは「集団的自衛権」との関連を強調

印刷

   2014年6月29日、日曜日午後の新宿駅南口は「キャーツ!」という悲鳴につつまれた。歩道橋の上に居座っていた男が自分の体にガソリンのような液体をかけ、火を放ったからだ。男は拡声器を持って集団的自衛権の行使容認を批判する演説をしていた。

   国内メディアの扱いは総じて小さかったが、海外メディアは対照的に、集団的自衛権をめぐる背景を交えながら長めに報じた。

拡声器で1時間にわたって演説

   男は50~60代とみられ、スーツにネクタイ姿で13時過ぎに歩道橋の鉄骨部分によじ登り、拡声器で約1時間にわたって演説。警察は周辺の交通規制を行い、男が落下しても大丈夫なようにエアマットを設置した上で説得を続けたが男は応じなかった。男は14時頃、脇に置いてあったペットボトルに入っていた液体を自らの体にかけ、100円ライターで火をつけた。

   直後にレスキュー隊が放水し、警察官が男を鉄骨からマットに引きずり降ろして身柄を確保した。男は重傷で、警察では回復次第事情を聴く方針。

   男が自殺を図った瞬間の動画は多く残されているが、演説の内容をクリアに収録したものは見当たらない。だが、大筋で集団的自衛権行使容認をはじめとする安倍政権の政策を批判し、政教分離を訴える内容だったようだ。

   現場が大騒ぎだったのは対照的に、国内大手紙の多くが社会面のベタ記事で報じるにとどめるなど、比較的反応は冷淡だ。テレビも、事件について最も長く扱ったフジテレビの情報番組「Mr. サンデー」で現場中継を含めて7分弱といったところで、大半が1分程度で事実関係を淡々と伝えていた。

AP通信「まれにみる暴力的な政治的抗議」

   これに対して国外のメディアは、事件そのものについては日本メディアを引用する程度だが、男が主張していた集団的自衛権の問題について背景を長めに報じている。AP通信は、事件を「まれにみる暴力的な政治的抗議」だとした上で、行使容認については、

「戦争放棄を定めた憲法9条を壊すものだと批判する人もおり、反対派グループは首相公邸の外で持続的だが平和的な抗議を行ってきた」

と伝えた。AFP通信も「日本ではこういった事件はきわめてまれ」と驚きを隠さない。事件の様子がツイッターなどで瞬く間に伝わる日本独特の事情も伝えた。

「ソーシャルメディアは、通行人の間の前で起きた火事に関する書き込みや写真であふれた」

   英BBCは、

「国内で意見は二分されている。動きを批判する勢力は軍国主義の高まりを警告し、保守派は、(集団的自衛権を保持しているが行使できないという)制約は日本に押し付けられたダブルスタンダードだと主張している」

と解説。ロイター通信は、今回の動きが大きな転換点になりうることを伝えた。

「戦後平和主義から離れる大きな1歩で、日本の軍事的選択肢を広げることになる」
「主張を強めている中国をいらだたせそうだが、同盟国の米国からは歓迎されそう」

官房長官会見で質問したのもAFP通信記者

   菅義偉官房長官は6月30日午前の会見で、事件に関する質問には、

「そうした事件があったことは承知している。現在その動機や背景を警察で調べているところなので、個別の事案についていちいちコメントすることは控えたい。集団的自衛権の問題については、与党で最終調整の段階であり、その結果を受けて閣議決定を行っていく」

と答えるにとどまった。質問をしたのはAFP通信の日本人記者だった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中