霊に取りつかれた生徒がバタバタ倒れて臨時休校?! こんなホラー小説みたいな話、本当に起きたのか

印刷
「霊に取りつかれた生徒がバタバタ倒れて臨時休校になった!」

   こんなツイートが2014年6月30日、ネット上を駆け巡っている。

   研修で山に行って「霊を持ってきて」しまった生徒が暴れ出したというのだが、真偽のほどは―。

「英彦山に行った一年生がテイクアウトしてしまった」?

   騒動の発端となったのは、6月30日12時26分に投稿されたこんなツイートだった。

「ウチの学校。この前山登りから帰った時に霊をもってきたらしく今15人以上バタバタ倒れとる。女の子とか俺を殺してくれーとかしにたいんじゃー!!とか。まぢ、やばい 教室で待機で現在に至る」

   同じユーザーは13時12分にも、

「結果臨時休校 倒れた数 5人から15人20人超えて 27人倒れた まぢやん」

と投稿していて、「何人もの生徒が倒れて臨時休校になった」ことがうかがえる。

   さらにこのユーザーは他のユーザーからの質問に対し「遠足の時一年生は英彦山(ひこさん)っていう山に登りに行く時 今年の一年がテイクアウトしてしまったらしく。今日学校で広がった」(原文ママ)と回答した。

   英彦山は福岡・田川郡添田町と大分・中津市山国町にまたがる山で、「心霊スポット」として知られている。どうやら校内では「英彦山で1年生の生徒が霊に取りつかれた」という情報が出回っているようだ。

   ツイッターでは「柳川高校女子生徒20人ぐらい霊にとりつかれて暴れだしたーまじ恐い~!やけん学校中パニックで休校なった~!」という、無料通話アプリ「LINE」に投稿されたとみられる書き込みのスクリーンショットも出回っていて、この学校が福岡・柳川市の「柳川高等学校」ということがわかった。

   ほかにも在校生とみられるユーザーの「柳高ヤバイよ今。なんかね~みんなヤバイ」「心霊現象!いきなり休校になって暇すぎる!笑」といったツイートがある。

松岡修造も在籍したテニスの強豪校

   これらのツイートが拡散され、「ヤバくない?」「怖い」「大丈夫かな」など大量の書き込みが投稿された。ツイッターの日本のトレンドには6月30日20時過ぎまで「柳川高校」が入る騒ぎとなった。

   実際は何が起こっていたのか、柳川高校に確認するべく度々電話をかけたが、話し中か担当者が他の電話に対応中とのことで、残念ながら詳しい話は聞けなかった。

   ちなみに柳川高校はスポーツの強豪校として知られ、野球やテニスでは何度も全国大会に出場している。プロテニスプレーヤーの松岡修造選手(米国留学のため中退)も在籍していた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中