落ちるたびに「世界中から否定されている気持ちに」… 放送打ち切りの「就活女子」CMがネットで人気

印刷

   何社も何社も入社試験を受けて落とされている就活中の女子。数十社目の面接でやっと手ごたえを感じ、友人や母親に喜びの連絡をした後、自宅のドアを開ける前に届いたメールは…。

   こんなCMがネット上でにわかに人気を集めている。話題のきっかけとなったのが、「内容に批判が集まって放送中止になってしまった」という噂だ。

就活女子が独白「世界中から否定されている気持ちに」

   話題のCMは、東京ガスの「家族の絆『母からのエール』篇」というものだ。

「何十回目のお祈りメールだろう」

   リクルートスーツを着た就活中の女子が、スマートフォンに「今後の就職活動のご成功を心よりお祈り申し上げます」などと書かれた「不採用」メールを見ているシーンからCMは始まる。

   電車の座席に座っていると、向かいの座席には3人の面接官が。「学生時代は何をしていましたか?」「社会は甘くないのよ」「ご縁がなかったということで…」と次々と浴びせかけられる―という妄想までしてしまう。「書類選考や面接に落ちるたびに、世界中から否定されている気持ちになった」と独白する。

   女子が帰宅すると母親がコンロの火を止め、「お帰り。ご飯あるけど」と声をかけるが、「いらない」と一言。自室のベッドにスーツのまま寝ころび、「もう無理…」とつぶやく。チャットアプリでは友人から「内定キター!」と報告され、暗い表情で「やったね。おめでとう。私も頑張る」と返信する。

   そんなある日、「やっと最終面接までこぎつけた会社があった」。手ごたえを感じ、友人とのチャットで「今日の面接うまくいったかも…」と報告する。電話で連絡を受けた母親は「え、今日うちでご飯食べられるの?」と言い、コンロに火を付ける。

   ケーキ店に寄ってレアチーズケーキを買い、自宅のドアの前でメールの着信音が鳴った。そのメールには…。

   結局家に入れず、近くの公園のブランコに1人座っていると、母親がやって来て「やっぱりここだ」と背中に触れた。途端、女子は泣き出してしまう。帰宅して温かいご飯を食べ、「美味しい」とやっと笑顔を見せた。

   最後は再びスーツに身を包み、チャットアプリに「まだまだ!」と投稿する、というシーンでCMは終わる。

放送中止は批判のせいではなかった

   このCMは2014年2月1日から放送されたのだが、1か月経たないうちに放送されなくなってしまった。6月26日になって、サイバーエージェントが運営するネットメディア「EQLAIR(エクレール)」に「批判が相次ぎ打ち切りになった東京ガスのCM『母からのエール』篇が胸に突き刺さる」という記事が掲載されたことで、一気に話題になった。

   YouTubeにアップされたCMを見た人からは、「現実的で家族の暖かさが伝わる。良い作品です」「最高に素敵なCM。心が温かくなる。勇気がもらえます。批判の理由が謎」「なぜ中止なのか誰も分からない。いいCMですよ、ていうか悪いところありませんが」など、「批判のせいで放送中止」に対する疑問の声が多数上がった。

   CMが放送されなくなった経緯を、東京ガスに問い合わせてみた。

   まず、CMの放送を中止したのは14年2月22日だった。放送期間中、確かに「心が痛む」といった感想が数件寄せられたことはあったが、「批判が相次いだ」というほどではないという。

   放送中止には別の理由があった。この「家族の絆」というCMがシリーズ作品で、前作「『ばあちゃんの料理』篇」が広告賞を受賞することになり、「『母からのエール』篇」が放送されていた枠をそちらに差し替えることになった、というのが真相のようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中