今度は愛知の市議が「穴開きコンドーム」発言 地方議会はどうなっているのか!

印刷

   愛知県新城市の男性市議が2014年6月の定例市議会の一般質問で、少子化対策として「穴の開いたコンドームの配布」を提案していたことが分かった。地方議員がまたもや世間を賑わせている。

   発言したのは、無所属3期目の長田共永市議(49)。その場では問題にならなかったようだが、共産党の浅尾洋平市議(36)が1か月ほど経った7月14日、発言の書き起こしをブログに掲載するなどして表面化した。7月17日から18日にかけて主要メディアも相次ぎ報じた。

「市民がニヤッとしていただけるようなPR」

ブログは長田共永市議の公式ホームページからもリンクされている
ブログは長田共永市議の公式ホームページからもリンクされている

   書き起こしや報道によると、長田市議は「こういうことを言うとお叱りを受けるんですが」と断った上で、来年の市合併10周年事業について次のように発言した。

「婚姻届を出した方に『10周年ベビーをのぞむ』と言って、穴の開いたコンドームを配ったり、子供を産んだ方には『出産祝い金』ではなく(特産の)ジネンジョでもういっちょだとか、小粋な10周年に向けてもう1人とか。市民がニヤッとしていただけるようなPRの方法はいくらでもあると思うんですよ」

   浅尾市議は「発言は、冗談とか口が滑ったとかいう言い訳が通じない性質のもの」として、ブログでこれを問題視した。

   7月16日には議長が長田市議に口頭で厳重注意し、発言を議事録から削除する対応をとった。なお、市のホームページで公開されていた長田議員の一般質問映像も消えている。

   長田市議は各メディアの取材に対し、市役所の固いイメージを変えたいという思いがあり、子供を産めない人を批判するつもりはなかったなどと釈明。「悪ふざけというか、ノリが過ぎたのかなというふうに思っております。不快に思われた方がお見えになるという事を十分反省しております」と陳謝した。

一方でセクハラヤジ議員には「アホなオッサン」

   実は、この長田市議、不適切発言のわずか3日後には都議会のセクハラヤジをブログで猛烈に批判していた。

   6月21日のブログタイトルは「アホなオッサン」。セクハラ騒動について触れ、「東京といえば誰もが知っているこの国の首都である。その議会がこの様では、この国の自治体議会すべてがアホなオッサンの集まりだと思われてしまうではないか」と問題視した。

   長田市議もヤジを飛ばすそうだが「少なくとも議会運営に支障があると判断した場合」であり、「時に下品と問われるかもしれない発言もするが、女性蔑視のヤジを飛ばしたことや、発言をしたことはないことは事実であり、そんなことは当たり前であろう」と主張する。

   その上で「女性議員に対する幼稚なヤジは『早く結婚しろ』『子供は産めんのか』というものだったらしいが、そんなヤジを飛ばす前に、お前が『女性が愛する男性と結婚しやすく、子供が産みやすい環境や社会』をつくるために尽力するべきではないのか」と訴え、ヤジを飛ばした都議を「猛省し懲罰を受けなはれ」と諭していた。

   ところが、今回の問題が表面化した後の7月18日夜になると、長田市議はブログをすべて削除してしまった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中