倉敷女児監禁の容疑者の「異常な言動」を解く 専門家「小児愛だが精神病ではない」

印刷

   岡山県倉敷市の女児監禁事件で逮捕された藤原武容疑者(49)が「自分の妻です」などと異常な言動をしていることについて、専門家は、小児愛(ペドフィリア)の持ち主だとの見方をしている。これは、どんな精神状態なのだろうか。

   報道によると、警察が突入したとき、藤原武容疑者は、連れ去った女児(11)に部屋でテレビアニメを見せていた。部屋の壁には、少女アニメのポスターが張り巡らされていたとの情報もあった。

離婚経験もあって、成熟した女性が怖い?

   藤原容疑者はその際、警察に「私の妻です」と異様なことを話した。調べに対しては、「少女に興味があった。自分好みの女の子に育てたかった」と供述しているという。

   それを実現しようと、藤原容疑者は、着々と準備を進めていたらしい。

   2013年12月ごろには、自宅に1000万円近くかけて、外からカギをかけるタイプの窓のない防音の部屋を作っていた。女児もここで発見された。また、14年4月ごろには、犯行に使ったとされる銀色の小型車を購入した。そのころから、女児の自宅近くで何度も藤原容疑者の車が目撃されており、連れ去りのために下見をするなどしていたようだ。

   こうした異常な行動は、どんな精神状態から出たものなのか。

   精神科医の町沢静夫さんは、藤原容疑者は、小児愛、あるいは少女愛といった性的嗜好者ではないかと言う。

「このタイプの人は、成熟した女性が怖いと思っています。ですから、未成熟なものを求める方向に行ってしまいます」

   藤原容疑者は、30歳ごろに結婚したが、その後離婚したと報じられている。町沢さんは、こうした経験も反映していたのではないかと言う。

「性格の歪みであり、責任能力は問える」

   また、報道によると、藤原武容疑者は、イラストの仕事をしていたこともあったが、最近は働いていた様子がなかったという。町沢静夫さんは、そのことについて、こう指摘する。

「あの年ですので、人生に失敗したという気持ちが強いのではないかと思います。それで、前に進めないと後ろに行ってしまう退行現象が起こっているのでは。成長したくないので、働くなど大人としての義務を果たせないわけです」

   生活費や家の改装費なども親の遺産でまかなっていたとの報道もあり、成熟しないでも生きられる状況が影響した可能性もあるとみる。

   ただ、町沢さんは、異常な性的嗜好があるからといって、情状酌量の対象にはならないとする。

「小児愛は、精神病ではなく、性格の歪み、性的倒錯といったものに当たります。昔からあるタイプで、誘拐や殺人などもそこから起きています。しかし、また同じことをする恐れが強いので、治療はしないといけないでしょうね」

   板倉宏日大名誉教授(刑法)も、こうした性的嗜好について、「裁判では、藤原容疑者の精神鑑定が行われるかもしれないですが、責任能力がないとまでは言えません」と指摘する。藤原容疑者が初犯であっても、未成年者誘拐あるいは略取の疑いでも立件されれば、裁判で執行猶予はつかず、懲役5年ぐらいの実刑判決になるのではとみている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中