タイ乳幼児9人「代理出産」日本人男性の素性 東証1部IT企業会長の息子説が流れる

印刷

   タイの首都バンコクで乳幼児9人を代理出産させたと日本人男性(24)が主張していると報じられ、その奇怪な行動に驚きが広がっている。現地報道から、ネット上では、男性を特定する動きも出て、様々な推測が流れている。

   「子供が不自然に多い」。報道によると、タイの現地警察が動いたのは、不審に思った住民からの通報だった。

弁護士「男性は、後継ぎがほしかった」

   警察も、人身売買の可能性があるとみて、2014年8月5日夕にマンション内に踏み込んだ。すると、3部屋から乳幼児を抱いたベビーシッターらが、9組も次々に見つかった。乳児は、生後1か月から2歳ぐらいまでで、男児が6人、女児が3人いた。現在は、施設に保護されている。部屋は、男性が所有したり借りたりしていた。

   いずれの乳幼児も、日本人男性が別の女性らに代理出産させたといい、9組の中には、実の母子という埼玉県出身の日本人女性(27)もいた。9組のほかには、代理出産して妊娠中というタイ人女性も部屋で見つかった。代理出産の報酬として、乳幼児9人それぞれの代理母には、計220万円が支払われたという。

   報道によると、男性は、香港在住で、この2年間で65回もタイに入国した。そして、月に1回は、マンションを訪れていたという。8月7日になってマカオへ出国しており、現在はタイにはいないようだ。

   男性の代理人というタイ人弁護士が、マスコミの取材に応じ、「男性は裕福な資産家で、後継ぎがほしかった」などと代理出産した理由を説明した。この弁護士は、人身売買であることを否定し、違法性がないことを強調した。男性は、将来はタイ国籍を取って移り住みたいと言っているともした。

   しかし、代理出産に法的な規制はないものの、タイ医師会のガイドラインでは、親戚だけに認められ、報酬支払いも禁じられている。もし代理出産していたならば、タイでは、原則できないことをしていたことにはなる。

本当に代理出産だったのかナゾは多い

   報道によると、乳幼児9人は、アジア系のほかに欧米系の顔立ちも見られたという。日本人男性は、複数のパスポートも持っていたともされる。また、9人のほか、代理出産で生まれたという3人がすでに日本に入国しているとの情報も出た。部屋にいた日本人女性は、2014年7月にタイに入国し、9人のうち1人を外国へ連れて行く予定だったともいう。

   こうしたことから、本当に代理出産だったのかも含めて、ナゾはまだ多い。タイ警察では、9人のDNA鑑定をして、両親がだれなのかを調べると報じられている。

   男性については、タイの現地紙が、その名前を報じた。そこから、ネット上では、東証1部に上場しているあるIT企業の会長の息子で大株主でもある人物ではないかと憶測が流れた。

   この人物は、報道の年齢とも合っており、現在は香港在住であることも共通している。また、タイの空港で子供を抱える写真やパスポートの顔写真も現地紙に掲載されていた。

   そこで、J-CASTニュースでは、このIT企業に取材した。しかし、広報部の担当者は、「事業内容とは関係ありませんので、コメントは差し控えさせて下さい」とだけ話した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中