「恋チュン」はOKだが「Happy」はだめ 神奈川県、楽曲使用料巡り「踊る動画」制作を断念

印刷

   ファレル・ウィリアムスさんという米国の歌手が歌っている「Happy」という曲をご存知だろうか。各国のネットユーザーがミュージックビデオを真似た「踊ってみた」動画をYouTubeに公開し、世界的な話題になっているのだ。

   日本から神奈川県も「参戦」しようとしたのだが、残念ながら失敗に終わってしまった。

本家MVはYouTubeで3億8000万再生の大人気

黒岩知事もノリノリで踊っている(YouTubeより)
黒岩知事もノリノリで踊っている(YouTubeより)

   「Happy」は2013年7月公開の米国の3Dアニメ映画「Despicable Me 2(邦題:怪盗グルーのミニオン危機一発)」の中で使われ、11月にシングルとして発売された。

   とにかく「僕はハッピーだ」と繰り返し歌われていて、聞いているだけで気持ちが穏やかになるような曲だ。ビルボードの総合シングルチャートでは10週連続全米1位という快挙を成し遂げた。

   街中で老若男女が思い思いに踊っているミュージックビデオも「自然と笑顔になる」と注目を集め、YouTubeでは公開から約9か月で約3億8000万回もの再生回数を誇っている。

   YouTubeでは世界中から「踊ってみた」動画が投稿されるように。クロアチアのスプリットやイタリアのフィレンツェ、中国の北京などの街中で、人々がHappyに合わせて自由に踊っているというものだ。日本からも、東京・原宿や虎ノ門、福島、熊本など、多数の都市のユーザーから「Happy踊ってみた」動画が投稿されている。

   この世界的人気に注目したのが神奈川県だ。海外向けの県PR動画として、Happyに合わせて黒岩祐治県知事をはじめ県庁職員、県内で働く人々らが踊るという動画を制作し、公開するはずだった。

「恋チュン動画」は使用料支払う必要なかった

   しかし、14年7月29日に公開された動画では、Happyではなくジャズのスタンダードナンバー「I Got Rhythm」が使われていた。

   神奈川県によると、日本でHappyの著作権の一部を管理している音楽出版社と著作権使用料の交渉で折り合いが付かなかったそうだ。動画にはHappyのミュージックビデオを意識したとみられる踊りも多く収められていて、I Got Rhythmの曲調からは少々浮いているように思えてしまう部分もあった。

   新聞の報道などによると、他の都市から投稿されている動画については、個人が投稿したとして使用料は不要らしい。

   神奈川県の動画といえば、13年10月に公開された、黒岩知事もノリノリで踊る「恋するフォーチュンクッキー 神奈川県 Ver.」が大きな話題になった。これについては、事前に管理者側との調整ができていて、AKB48の公式動画扱いになったため、使用料などは支払う必要がなかったという。

   「恋するフォーチュンクッキー踊ってみた動画」については、13年4月から9月まで放送されていた「AKB映像センター」(フジテレビ系)という番組で公式に募集し、審査を通過した動画がYouTubeのAKB48公式チャンネルに掲載されるという企画を実施していたこともあり、「AKB48公式」のお墨付きがあるものが多い。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中