元時津風親方・山本順一さん死去 力士暴行死で実刑判決

印刷

   大相撲・元時津風親方の山本順一さん(元小結・双津竜)が死去したことが、2014年8月12日までにわかった。64歳だった。朝日新聞の報道などによると、肺がんを患い入院していたという。

   山本さんは1950年、北海道室蘭市生まれで、中学生の時に時津風部屋に入門した。82年に現役を引退し、2002年から時津風部屋を継承した。

   07年、当時17歳だった序ノ口力士に兄弟子らと暴行を加えて死亡させたとして相撲協会を解雇、相撲界から永久追放された。翌年2月に傷害致死容疑で逮捕され、11年8月に懲役5年の実刑判決が確定した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中