2014年の首都圏マンション発売、2年ぶり減 建設費高騰などで

印刷

   2014年の首都圏マンションの発売戸数が、5万戸を割り込む見通しとなった。不動産経済研究所が8月12日、首都圏マンションの発売戸数を下方修正。2014年初めには前年並みの5万6000 戸を予測していたが、4万6000~4万8000戸になると発表した。前年実績を下回るのは2年ぶりになる。

   消費増税前の駆け込み需要が想定を上回ったほか、建築費の高騰などの伴いデベロッパーの供給抑制が続くとみているため。「建築費の高騰分が販売価格に上乗せされていると消費者に思われるのを避けるため、あえて発売時期を先延ばしにするケースも出ている」という。

   また、同日発表した7月の首都圏マンションの発売戸数は、4222戸と前年同月比で20.4%減った。6か月連続の前年割れ。契約率は83.7%と販売の好不調の分かれ目を示す7割を超えている。

   東京建物など大手デベロッパーが東京・江東区の湾岸エリアで手がけるタワーマンションの初回売り出し分が即日完売するなど、人気エリアの大規模物件への需要は根強かったという。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中