荒唐無稽、安倍首相の暗殺小説が韓国で大人気 韓国の英雄、安重根が現代に蘇り、スナイパーに

印刷

   安倍晋三首相(59)の暗殺を企て、狙撃に成功するという小説が韓国で大人気になっている。日本の初代内閣総理大臣・伊藤博文を暗殺し、韓国では英雄視されている安重根が現代に蘇り、当時と同じ10月26日に中国ハルビン駅で安倍首相を狙うというものだ。

   韓国の読者はこの本で歴史が明白になったと感激しているそうだ。特に喝采を浴びているのは、安が法廷で語る安倍首相暗殺を企てた理由で、従軍慰安婦問題、竹島問題など「日本の嘘」を暴くシーンだ。「安倍の妄言を潰すのに十分」「安倍は本当にクソ野郎だった」などと、現代と当時をないまぜにしながら騒いでいる。

安倍首相は恐怖に怯え「私は関係がない」と逃げる

小説の中で暗殺された安倍首相(14年3月編集部撮影)
小説の中で暗殺された安倍首相(14年3月編集部撮影)

   この本は「安重根、安倍を撃つ」という原稿用紙1300枚にわたる長編小説。1部、2部が歴史的事実に基づいたという安の伝記。3部はフィクションで安が蘇って安倍首相の暗殺を企てるという構成になっている。

   作者は小説「父のいた日々」などで知られる有名小説家のキム・ジョンヒョン氏(57)。朝鮮日報などの韓国メディアによれば、キム氏は2014年8月4日に行われた出版記念記者懇談会で、

「反省はおろか、靖国神社参拝などふてぶてしい態度を取る日本に対し、警告ではなく反省のチャンスを与えるために書いた」

などと説明した。さらに、「日本と和解すべき」という意見が一部にはあるが、それは間違った考えで、日本に反省がない中で韓国が頭を下げる必要はないし、仮に政府が和解という外交判断をしたとしても、我々民間まで日本批判の口を閉ざす必要はないと思う、などと語ったという。

   第3部では、中国のハルビンに向かう超高速の特別列車「和諧731号」に乗っている安倍首相の前に安が現れ、「日本の蛮行を反省しろ!」と詰め寄る。安倍首相は幻影を見ているのかと恐怖に震え、

「私はやってない。私と何の関係があるのか」

などと見苦しい言い逃れをする。そして数時間後、安倍首相がハルビン駅に降り立った直後に3発の銃声が轟く。首相は撃たれ、安重根の声がハルビン駅に響き渡る、といったものだ。実はこのシーンがクライマックスではない。安倍首相は一命を取り留め、逮捕された安が裁判にかけられるシーンが最も重要な部分になっている。

「韓国人の幼児性にはほとほと呆れますね」

   安は1909年の裁判と同じように、安倍首相暗殺を企てた15の理由を吐露する。従軍慰安婦問題や竹島問題、なぜ歴史を歪曲するのか、国家間の約束をなぜ守らないのか、河野談話を見直す愚行をなぜ考えたのか、といった主張を安倍首相と日本政府に突き付ける。こうした部分が韓国で大喝采を浴びているのだ。

   韓国のネットの書評欄にはこの本を読んだ人たちが感想を寄せ、

「安重根義士の一言一言は、安倍の妄言を踏み潰すには十分だ。まさに我々が望んでいた安倍に言いたかった言葉だ。安倍にはこの本を読んで謝罪してもらいたい」
「安倍は救いようがない奴だとわかった。嘘の歴史管理をしている日本、安倍のような指導者のいる日本の将来が深く懸念される」
「独島が日本のものとか、慰安婦への賠償をしない、といった行動は今の韓国に安重根のような英雄がいないからではないのか?」

などといったことが書き込まれている。

   また、この本が日本で翻訳されて発売されたら安倍首相や日本人はどんな反応を示すだろうか、と想像する人もいる。ただし、

「安倍は何を考えるのなんて想像するのは無理。考える頭があるような人ならば、あんな蛮行は犯さないでしょう」

などと皮肉る人がいる。

   小説は安が法廷で発言したところで終わっているが、その後に安倍首相や日本がどう変わったのかまで書いてほしかった、と感想を述べる人もいた。

   「安重根、安倍を撃つ」の出版のニュースは日本でも流れているが、ネットでは激怒したり反論したりする人は少なく、「また韓国かよ」とシラケムードが漂っている。

「韓国人の幼児性にはほとほと呆れますね」
「こんな小説出してるくせにパククネの名誉がどうとか産経に文句つけてんの?」
「堂々たるテロ宣言ワロタwww すげーよ朝鮮人www」

などといった書き込みが掲示板などに出ている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中