宮崎駿の後継者は「エヴァ」庵野秀明? 「ナウシカ」続編に期待高まる

印刷

   スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーが記者会見で、宮崎駿氏の引退後は「新世紀エヴァンゲリオン」などで知られる庵野秀明監督が「日本のアニメを牽引していく」と期待を口にした。

   一連の発言が複数メディアで「後継者指名」と報じられ、庵野監督によってジブリ映画「風の谷のナウシカ」の続編が作られるのでは期待する声が高まっている。

「庵野には才能があります」

   2014年8月26日に東京都内で「第27回東京国際映画祭(TIFF)」の記者会見が開かれ、鈴木プロデューサーと庵野監督が登場した。今回のTIFFでは日本のアニメーションを世界に伝えることを目的に、庵野監督が関わった作品を一挙に上映する「庵野秀明の世界」が実施される。これを発案した鈴木プロデューサーは、「宮崎駿なきあとは、庵野秀明だろうと。それしかないですよね」と理由を説明した。

   そして、「(アニメ業界は)少なく見積もっても10年は彼が牽引していくと思う」と期待を込めて言い、「ものを作るというのは才能のある人にしかできない。庵野には才能があります。その才能を大切に使ってほしい」と語った。

   13年7月公開の「風立ちぬ」で主人公の堀越二郎の声を担当するなど、庵野監督はジブリと関係が深い人物で、かつて「風の谷のナウシカ」の巨神兵登場シーンを描いた。宮崎氏を師匠の一人として挙げている。以前から「宮崎駿の後継者になるのでは」と噂されてきたこともあり、鈴木プロデューサーの上記発言で「後継者指名」などと報じられた。

   これにネットでは、

「以前から庵野さんしか見当たらないと思ってた」
「ジブリ後継者が庵野さんなら あたしはもう嬉しすぎて」

といった反応のツイートが出ている。

「いいや、いいや! 庵野がナウシカやりゃいいんだ!」

   庵野監督は「風の谷のナウシカ」の続編を撮らせてほしいと、鈴木プロデューサーに頼みこんだこともあるという。文藝春秋 13年5月号に寄稿した文章で鈴木氏は、

「庵野に会うと、時々「『ナウシカ』の続編を自分に撮らせてほしい」と言われる。彼によると、『エヴァ』もまた『ナウシカ』のつづきを自分なりに作っているんだ、と言うんです。どれだけ『ナウシカ』に取り憑かれているのか」

と述べている。

   また、13年7月4日の朝日新聞によると、「風立ちぬ」の完成会見で宮崎氏は

「『いいや、いいや! 庵野がナウシカやりゃいいんだ!』って思ったんです。原作通りやろうがどうしようが、それは好きにすりゃあいい。僕も亡くなった人の作品をやりたいようにやってますから。そう思った。(庵野とは)そういう関係です」

という発言をしていた。

   庵野監督は現在、アニメ制作会社・カラーの代表を務めているので、実現は難しそうだが、

「庵野~ナウシカの続編作ってくれ~!!!!」
「ナウシカを完成させてもらいたい」
「エヴァひと区切りついたらナウシカ2に着手するのかなー」

などと期待する声がツイッターに続出している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中