新聞協会が「強く懸念」 韓国検察の産経ソウル支局長聴取をめぐり

印刷

   韓国の朴槿恵(パククネ)大統領の名誉をコラムで毀損したとして、韓国の検察が市民団体の訴えを受けて産経新聞のソウル支局長を聴取した問題について、日本新聞協会の編集委員会は2014年7月29日、「報道機関の取材・報道活動の自由、表現の自由が脅かされることを強く懸念する」との談話を発表した。

   韓国当局の捜査について、「極めて異例で、事態の推移を注視している」とした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中