「MSNメッセンジャー」全世界でサービス終了へ

印刷

   米マイクロソフトが提供する「MSNメッセンジャー」が、現在唯一サービスを続けている中国で2014年10月31日に閉鎖すると、複数のメディアが9月2日までに報じた。日本を含む中国以外の全世界では2013年3月にサービスを終えており、これで完全に停止することになる。

   MSNメッセンジャーは1999年にサービスを開始。その一方でマイクロソフトは2011年、無料音声通話・メッセージのスカイプを買収しており、今後MSNメッセンジャーの利用者の受け皿になると見られる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中