「無断パブリックビューイング」は違法 錦織決勝、WOWOWの許可が必要

印刷

   テニス全米オープン男子シングルスで、錦織圭選手が日本人としては初めて決勝のコートに立つ。トップ選手を次々と破っての快挙に日本中は湧き、中継する有料の衛星放送「WOWOW」には、加入申し込みが殺到しているという。

   せっかくの機会に大勢で応援しようと、パブリックビューイングも予定されているようだ。しかし、放送局に許可を得ず大型スクリーンを設置してテニス中継を流すのは違法行為となる恐れがある。

著作権法100条「テレビジョン放送の伝達権」がポイント

巨大スクリーンを使ったパブリックビューイングは放送事業者の許可が必要(写真は国立競技場)
巨大スクリーンを使ったパブリックビューイングは放送事業者の許可が必要(写真は国立競技場)

   世紀の一戦となる全米オープン男子シングルス決勝だが、地上波の放送予定はない。各局が放送権を獲得していなかったためで、唯一生中継するのが、WOWOWだ。錦織選手の晴れ舞台を視聴するには、有料契約を結ぶしかない。1991年の開局当時から全米オープンを放送し続けており、2008年以降はテニスの4大大会すべてを扱っているWOWOWにとっても、錦織選手の快進撃は契約数を一気に伸ばす好機だ。

   錦織選手と縁がある人たちは、特に応援熱が高まっているようだ。その手段として活用されているのが、パブリックビューイング。出身地の島根県松江市では、準決勝が行われた日本時間2014年9月7日深夜1時から、市内のホテルに市民が集まって声援を送った。同9日朝6時に始まる決勝も、同様の催しが予定されているようだ。スポンサー企業も、早朝から社内のホールで社員が観戦する準備を整えていると報じられた。平日朝の試合だが、国民的な注目が集まっているだけに、飲食店の中にはサッカーW杯のようにパブリックビューイングを計画しているところがあるかもしれない。

   実は、放送事業者の許可を得ずにパブリックビューイングを実施するのは法的に問題だという。弁護士の國安耕太氏が、「月刊パテント」2014年4月号の中で詳しく解説している。ポイントは、著作権法100条で定められている「テレビジョン放送の伝達権」だ。テレビ放送を受信して「影像」を拡大する装置を用いての放送は、放送事業者の権利だと規定している。

   このため、街頭でオーロラビジョンを通して、またスポーツバーなどで大型スクリーンにプロジェクターで映像を投影してパブリックビューイングを実施する場合は、放送事業者の許諾を得なければならない。無許可での放映は「伝達権を侵害する行為」として違法となるという。

飲食店が無許可で中継流しても「把握しきれない」

   法律では、配信コンテンツが有料か無料かを問わず、放送事業者の許可なしによる大型スクリーンでのパブリックビューイング自体を規制している。仮に地上波で全米オープン決勝の放送が予定されていたとしても、局側の了解をとらねばならないわけだ。

   しかも國安弁護士は、「たとえ非営利目的で、かつ無料で行う放送であっても、放送事業者の許諾を得ないで行うパブリックビューイング等は、違法となる」と説明している。近所の人たちや友人家族を集めて、自宅でテレビを囲んで番組を楽しむのは構わない。ところが、「スポーツ中継を流す装置」がテレビでない別の巨大ディスプレーに変わると、同じ状況でも話が違ってくる。

   錦織選手の試合のパブリックビューイング実施についてWOWOW広報に電話取材すると、これまでに許諾を求めてきた団体などはないそうだ。法的には、会社で応援するために、会議室にある大型テレビをみんなで視聴するのであればセーフ。だが、数百人単位で人が集まって大型スクリーンを使ってテニスの生中継を流すとしたら、「非営利目的であっても、よくはありません」と指摘する。基本的には、契約者の家庭でテレビを通じて番組を楽しんでもらう想定なのだ。

   同じく、スポーツバーなどで営利目的にパブリックビューイングを行うのは歓迎しない。「ただ、どの飲食店で実施されているかは把握しきれないので……」と、少し困った様子だった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中