デング熱を甘く見るな! 感染者「インフルエンザとは比べ物にならない」

印刷

   感染者数が100人を超え全国に広がるデング熱について、毎日のようにテレビや新聞で報じられている。一部ではデング熱を甘く見て「騒ぎすぎ」「めったに死なないから大丈夫」と楽観視する声もあるが、感染するとかなりの苦しみを味わうようだ。

   感染経験者は40度ほどの高熱と全身の痛み、発疹に悩まされ、インフルエンザよりもつらいという。

毛細血管が内出血し、脚全体が真っ赤に腫れ上がる

囲み取材を受ける紗綾さん
囲み取材を受ける紗綾さん

   2014年9月10日放送の「クローズアップ現代」に、デング熱に感染したNHK職員の女性が出演して病状を語った。40度近い高熱が続いたことに加え、鎮痛剤を打たないと眠れないほどの痛みを感じたという。病院のベッドに横たわった状態で取材を受け、

「寝てても痛いし横になっても痛いし、起こすとさらに痛いし、すごい夜眠れないくらい体が痛くて」「早く治ってくれと祈るしかない」

と話していた。

   またNHKニュースで、代々木公園で感染したと見られる27歳の男性が、「インフルエンザもやったことがあるけど、それとは比べ物にならないです」とデング熱の実態を語った。「熱がかなり出て39度4分。頭痛、関節痛、筋肉痛です。横になっていられないくらい腰が痛い」と言い、目の奥にも強烈な痛みを感じた。スマートフォンの画面がまぶしくて、5分間も見ていられないほどだったそうだ。

   デング熱にかかり入院していたタレントの紗綾さん(20)の話も生々しい。9月11日、東京・銀座松屋で開幕した「リサ・ラーソン展」のオープニングセレモニーで仕事復帰し、症状を語っていた。8月21日に「王様のブランチ」(TBS系)のロケで虫取りをしていて、両足を33か所、手も何か所か蚊に刺された。その1週間後に38.8度の高熱が出た。

「目の奥が痛くなったのと頭痛もひどくかったです。吐き気や寒気もすごくて、羽毛布団にくるまって寝ていました」

   デング熱と診断されて病院で入院して、3日目ぐらいから徐々に動けるようになったが、治りかけの時に発疹が出て痛みと痒みに悩まされた。

「毛細血管が内出血しちゃって、脚全体が真っ赤に腫れ上がる感じでした。手のひらは真っ赤になって倍ぐらいの大きさになりました。不安だったんですけど跡が残らなくてよかったです」

「本当に二度となりたくない病気」

   デング熱は特効薬やワクチンが実用化されていないため対処療法で対応するしかない。紗綾さんは病院生活を「熱がでると解熱剤で下げたり、ひたすら寝てましたね。発疹がひどかったので皮膚科にいって塗り薬や飲み薬をもらっていました」と振り返り、「本当に二度となりたくない病気だなとおもいました。二回目かかるとひどくなると聞いたので、みなさん蚊に刺されないように対策してほしい」と語った。

   蚊に刺されないようにするには、肌の露出を少なくすることや、虫よけスプレーを使うのが有効だが、もしデング熱に感染したと思ったらどうすればいいのか。

   東北大学病院ウェブサイトに掲載されたインタビュー記事で総合感染症科の具芳明氏は、「ほとんどの場合は、4~5日で症状が収まりますので、落ち着いて対応してください」と呼びかけている。

「デング熱の感染が起きていると思われる場所で蚊に刺された人が、刺されてから3日~10日で高熱が出たら、デング熱の可能性があるということになります。症状が出てすぐには重症化しませんので、症状がつらいようであれば、慌てずに日中に受診して下さい」

   ただし、熱が下がるころに次の症状が出た場合は大至急受診する必要があるそうだ。

「激しい腹痛・嘔吐が続く」
「点状の赤い皮疹(点状出血)がある」
「鼻血、歯肉からの出血がある」
「吐血した」
「大便の色が真っ黒になった」
「意識が悪く反応が鈍かったり、呼びかけに反応しない」
「皮膚がそう白になっている」
「呼吸困難がある」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中