錦織圭の一押しアーティストは「ヌジャベス」 音楽ファン驚き「一気に親近感」

印刷

   全米オープンテニス男子シングルスで日本人史上初の準優勝を飾った錦織圭選手(24)が情報番組「ZIP!」(日本テレビ系)のインタビューの中で答えた「好きな1曲」が大きな注目を集めている。

   錦織選手が選んだのはDJ兼トラックメーカー「Nujabes」(ヌジャベス)の代表曲「Luv(sic)Part4」だった。一般的な知名度は高くないものの一部からは絶大な人気を誇るアーティストとあり、Nujabesファンからは驚きの声が上がっている。

「『Luv(sic)』っていうラップ調の曲」

ジャガー記者発表会に登場した錦織選手(2014年9月17日撮影)
ジャガー記者発表会に登場した錦織選手(2014年9月17日撮影)

   錦織選手は2014年9月17日、英高級自動車メーカー「ジャガー・ランドローバー・ジャパン」の新アンバサダーとして、都内で開かれた会見に登場。18日の「ZIP!」では会見後に同番組司会者の桝太一アナが行ったインタビューの様子を放送した。

   世界各地の試合に出るため、毎週のように長時間・長距離移動をしなければならない錦織選手にとって音楽は必須だ。インタビューの中で「(移動中)音楽は常に聞いています」と話すと、桝アナから同番組恒例の「モチアル曲」の質問が飛んだ。「モチアル曲」とは「持ち歩いている曲」のことで、これまでさまざまな有名人がお気に入りの1曲を紹介している。

   すると錦織選手は

「ぼくの好きなのは『Nujabes』(ヌジャベス)っていう、もう亡くなられた方なんですけど、ラップの曲が結構好きです。(特に好きなのは)『Luv(sic)』(ラブシック)っていうラップ調の曲です。(聞いて)気持ちを高めたりリラックスしたりしています」

と答えた。番組では実際に「Luv(sic)Part4」がBGMとして流れ、「Nujabes」の解説もなされた。

   「Nujabes」はDJ兼トラックメーカーとして活躍した日本人アーティストで、2010年に交通事故にあい、36歳という若さで亡くなった。ジャズやヒップホップをベースにしたメロディアスな楽曲は国内外から高い評価を受け、死後には追悼イベントも複数回行われた。

   錦織選手お気に入りの「Luv(sic)」はラッパーの「shing02」(シンゴツー)とともに手がけた「Nujabes」の代表作の一つとなっているシリーズ。番組で流れた「Part4」は没後にリリースされたものだ。

ツイッターやヤフーでも注目ワードに

   錦織選手のセレクトは意外だったようで、インターネット上には

「意外だけど、なんか嬉しい」
「錦織、Nujabes好きなのかよ!!!!」
「錦織選手nujabesの『luv(sic)』聴くっていった!!!!!こおおおれは影響力あるぞおおおお!!!!!」
「一気に親近感湧いたわ」

といったNujabesファンの驚きの声が続出した。反響は大きく、一時はツイッターのトレンドやYahoo!の「話題なう」にもNujabesが入り込んだ。

   錦織選手の「Luv(sic)」好きは「Shing02」の耳にも入り、本人もツイッターで「光栄です」とコメントした。

   ちなみに錦織選手は、これまでにも自身のブログで好きなアーティストや聞いている曲について触れていることが何度かある。

   ファンの間では「Mr.Children(ミスターチルドレン)」好きで知られているようだが、たとえば2011年1月には「SalyuさんのHalfway という曲です。透きとおるような歌声がすてきです!是非聞いてみてください」として、09年公開の同名映画の主題歌となったSalyuさんの楽曲をすすめていた。

   他にも英ロックバンド「Coldplay」の楽曲「paradise」を「歌もいいですがPVがおもしろい」と紹介したり、「キリンジ聞いて寝ます」「それではどうぞ。荒井由美さんで あの日にかえりたい」と書いたりと、音楽を通じてファンと交流することもしばしばあるようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中