スカイマーク、A380違約金交渉10月中の合意目指す

印刷

   スカイマークは2014年10月3日に発表した声明の中で、超大型旅客機A380の購入契約解約をめぐるエアバス社との違約金の交渉について、10月中の合意を目指していることを明らかにした。

   同日、朝日新聞が「両社が違約金を200億円規模にすることで大筋で合意した」と報じていたが、額については「当社において決定している事実はございません」としている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中