ノーベル賞受賞、韓国は素直に祝福できないらしい 「日本には本当の自由がない」「中村教授は米国籍」...

印刷

   2014年のノーベル物理学賞が3人の日本人研究者に決まったと日本が沸き立つなか、何かと日本をライバル視する韓国の心中は複雑なようだ。これで日本のノーベル賞受賞者が22人になったのに対し、韓国は平和賞を受賞した金大中元大統領1人しかいないということもあるようだ。

   韓国メディアは中村修二・米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授について、日本人の受賞ではない、としたり、中村教授が言った「日本には真の研究の自由はない」というネガティブな見出しを掲げたりしている。

「中村教授は日本で生まれて育ったが現在は米国籍だ」

   日本人の受賞に対し、韓国メディアは当初、日本の科学界は驚くほど底力がある、韓国も見習うべきだ、などと珍しく称賛していた。ところが、聯合ニュースは2014年10月8日付け電子版で、日本の研究者社会を批判する中村教授の経歴に関する記事をまとめた。 教授は徳島県の田舎の平凡な会社の研究者として働き始めたが、研究費どころか鉛筆を購入するのも難儀する状況だった。当時の社長に直談判し青色LEDの開発許可を得たものの、社内には開発中止を求める動きもあった。39歳で偉業を成し遂げたが、結局は退職金なしで会社を退社することになった。米国に行く前に「まだ退職していないのか」などと言われたことや、特許の報奨金を巡り、巨額の訴訟に発展したことなどを指摘した。そして、「怒りが研究成果の原動力であった」「米国では、誰もがアメリカンドリームを夢見ることができますが、日本には本当の自由がない」との中村教授の発言を掲載した。

   また、中央日報は、

「中村教授は日本で生まれて育ったが現在は米国籍だ。これで日本出身のノーベル科学賞受賞者は19人、日本国籍者は17人となった」

という記事を書いた。

   文化日報電子版も、

「ノーベル賞中村『ジャパニーズドリームはない』」

という見出しを躍らせた。記事ではウォールストリートジャーナルのインタビューを引用し、「米国に来た際に自分の境遇について話すと、彼らは私を『奴隷中村』と呼んだ」と紹介した。どうしても素直に祝福できないらしい。

韓国は金大中元大統領の受賞のみ

   日本では科学分野で19人の受賞者がいてうち13人が2000年代以降に集中している。なぜ韓国では1人も受賞者がいないのか、検証するメディアも出ている。文化日報の社説では 1901年にノーベル賞が始まって以来70カ国から受賞者が出たが、韓国は00年に金大中元大統領が非科学の分野で受賞しただけであり、世界の経済規模14位の韓国としては不本意な結果だと説明した。

「ノーベル賞受賞の実績がそのまま科学技術水準とはイコールではなく、実際に韓国は半導体やIT、原子力などの分野で世界のトップに上がっていて、看板となる企業は、日本に比べて遜色がない」

   しかし、これは基礎科学が弱いからであり、この基礎科学こそがノーベル賞受賞の領域であるとともに産業改革をリードするためには不可欠なものだと指摘し、仮にノーベル賞が無かったとしても、国の将来のため基礎科学の研究者の育成に努めなければならない、と書いている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中