ハミガキは「パーソナルユース」の時代へ 高額商品が売れ行きを伸ばしている

印刷

   ハミガキは「ファミリーユース」から「パーソナルユース」へ――。かつては家族全員が同じ歯磨き剤を使うことが一般的だったが、最近は個人個人が目的や好みに応じてそれぞれの歯磨き剤を選ぶ「ハミガキのパーソナル化」が進んでいる。

   日用品メーカーも年代や性別に応じたさまざまな商品を発売しており、開発競争は加速している。

虫歯が減っても売れる

歯磨きも「高級」志向?(画像はイメージ)
歯磨きも「高級」志向?(画像はイメージ)

   ハミガキの2013年の市場規模を見ると、250円未満の商品は前年比4%減に対し、500円以上1000円未満は7%増、1000円以上なら16%増。ハミガキ最大手のライオンが行った調査で、こんな数字が出ている。

   かつては200円前後の手頃な商品が売れ筋で、家族が1つのハミガキを共有するケースが大半だった。しかし、最近では手頃な商品の売れ行きは減少し、代わりに価格の比較的高い商品が売れ行きを伸ばしている。「歯の汚れを落とすことが目的だったハミガキに、多彩な機能が加わり、単価が上がっているため」(日用品メーカー)とされる。

   ハミガキの高機能化が進んでいる背景には、虫歯の減少がある。厚生労働省によると、日本国内の人口は減少しているにもかかわらず、日本人の成人の歯の総本数はこの四半世紀で約5億本も増えた。かつては「虫歯大国」とも呼ばれた日本だが、歯磨きの習慣や口内ケアに対する意識が広く根付き、虫歯はここ数十年で急速に減少している。この結果、消費者はハミガキに虫歯対策だけでなく、歯の美白や口臭予防、歯槽膿漏対策など、新たな要素を求める傾向が強まってきているのだ。

少子化でも成長市場

   こうした中、日用品メーカーも多様な用途のハミガキ開発に熱を入れている。ライオンは30代までの若年層向けには虫歯対策重視の「クリニカ」、40代以降の中高年向けには歯周病予防を目指す「システマ」と二つの大きな柱をたて、用途別のブランドや商品戦略の強化を進めている。新商品も続々市場に投入しており、10月には「システマ」の「ハグキプラス」シリーズ(想定価格90グラム約718円)を一新した。

   大手の花王も「より高機能、より〝自分向け〟の歯磨き剤は今後も増える」と見て、年代別の商品ラインナップの充実に力を入れている。50代以上の歯周病予防をうたう「ディープクリーン」(100グラム約850円)を9月に改良したほか、10月には30~40代向けに、口内ケアを重視した「ピュオーラ」から「アクア」(同約600円)を新たに発売した。「少子高齢化の中でも、ハミガキは有力な成長市場」と、各メーカーは期待している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中