「間違いだらけのクルマ選び」 自動車評論家・徳大寺有恒さんが死去

印刷

   自動車評論家の徳大寺有恒(とくだいじ・ありつね、本名=杉江博愛[すぎえ・ひろよし])さんが2014年11月7日、急性硬膜下血腫のために死去した。東京都出身、74歳。

   大学卒業後、トヨタ自動車のレーシングドライバーとして活動。引退後に自動車評論家に転身し、1976年に「徳大寺有恒」のペンネームで、書籍「間違いだらけのクルマ選び」を出版しベストセラーになった。以降は「間違いだらけ~」を定期的に刊行。2006年版でいったん終了したが、11年から共著として再開している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中